スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
第14回信州のワイン試飲パーティ
醸造家を目指す人間として、テロワールにこだわった信州ワインの毎年の出来は非常に気になるものだ。ましてや実家の別宅を安曇野穂高に構えることになったとき、僕はワイン品種のぶどうを植えたいと思って、実際に白ワイン品種の「ナイアガラ」や赤ワインとしてもおいしい「巨峰」を植えたのだけど、結局常駐できなかったことで全部枯らしてしまったのは苦い思い出。
ワインは僕が造りたいビールや日本酒に比べたら、比較的簡単に造れる。パン酵母でもそれなりにおいしい赤ワインができるということについては経験済みだけど、本物のワイン酵母を使えばもっとうまいものができるのではないかと思うも、無免許の人間にはなかなかそれを手に入れる機会は得られない。

そんなわけで、ワインの自家醸造に関しては諦めて、地元の情熱を持った素晴らしい醸造家たちの作品を楽しむことに専念しようと思っている。だから今回日本酒造りに入るタイミングと重ならなければ我が家で遠方からも近場からも友人を集めて「信州ヌーボーを楽しむ会」をやろうと思って、各社の新酒を少しずつ買っていたのだけど、今年はやっぱり無理だな。
来年以降、僕の冬場の暮らしに対する見通しがしっかりできるようになってから、ぜひやろうと考え直している。

そんなわけで、普段は購読していない「信濃毎日新聞」を某温泉施設で立ち読みしたときに見た「信州のワイン試飲パーティ」に今年は行ってみることにした。
しばらく乗っていなかったマウンテンバイクで穂高駅まで下りて(帰りの標高差200m弱の登りのことは考えずに)、大糸線で松本に出る。最近はラッシュ時間帯を外せば松本まで車で行くことも多くなっていたので、電車で行くのはなかなか新鮮な気分だ。

会場は松本では一番のホテル「ブエナビスタ」。一流のワインを一流の料理人が作った料理とマリアージュさせながら楽しむことができる。それもかなり地産地消に近いことができる豊かな信州の食材も多く使われる。
CIMG5631.jpgCIMG5621.jpg
うん、立食形式で落ち着かないけど、さすがに料理はおいしい。そして新酒から10年近く寝かせたワインまで、合わせるワインは各ワイナリー自慢のものばかり。
長引いた梅雨で心配された今年のブドウの出来も、夏の記録的な暑さ(最高気温35度・最低気温21度という日較差の大きさ)で、なかなか素晴らしい新酒が出来上がっていた。
新酒を各ワイナリーのものを一通り飲んだら、ヴィンテージものを楽しむ。
この10年ほどでは、1996年、2002年、2003年、2005年が当たり年だったようで、少数ながらその年のものを持ってきてくれたワイナリーも多く、いろいろ楽しめた。
各ワイナリーの方たちとしばしワイン談義。造る酒は違っても僕も醸造家を目指す者として彼らの情熱を直に感じることができたことが一番の収穫だった。
だけど、さすがに満腹になるまではビュッフェ形式では難しく、5000円という会費のモトを取るにはちょっと難しかった。試飲で注いでくれるワインも1回30cc以内という少量。
ワインは僕は多量に飲めないので、結局だいぶ損をした気分だ。
CIMG5627.jpgCIMG5628.jpg

クジ運が極めて悪い僕なので、かなり高確率で当たる(倍率10倍程度)抽選会でもまったく当たることもなく、また大好きなワイナリーが参加していなかったこともあって、「来年からはわざわざ無理して参加する必要はない」と判断するに至ったのがちょっと残念だった。

帰り道、コンビニでビールを買って飲んで、やっと心が落ち着く。
ああ、僕にはやっぱりビールが一番だ。
(ただ、そのビールにはいろいろ思うところがあったので別記事にて書きます。)

穂高駅から自宅まで5kmほどで標高差200m近くを登るという帰り道、頑張って一度も下りることなくしっかり登りつづけたら、気温6℃ほどの状態でも相当な汗をかく。帰宅してすぐに着替えたけれど、どうも風邪がぶり返してしまったような気がする。
まいったなぁ。おかげで翌朝(つまり今朝)はだるくて起き上がれなかった。たかが自転車あなどるべからず。筋肉痛とも風邪の発熱による関節痛ともつかない痛みが今日は一日し続けた。
ああ、昼間家にいられるのは明日が最後だ。通院にスタッドレスタイヤへの履き替え(早期割引で雪が降るだいぶ前に履き替えることに)、さらには差し歯がとれてしまったので歯医者にも行かねば。(でも地元では歯医者に通い続ける時間がないので、1回くっつけるだけで終わりにしてくれないと困る。歯医者ほど患者を囲い込む業種もないからなぁ。)
スポンサーサイト
【2007/11/07 21:30】 | 大好きなお酒たち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「一番搾りとれたてホップ」についての一考察 | ホーム | 冬支度の合間に、気持ちのいいお店と紅葉風景に会いにいく>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/88-ca126f0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。