スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
MINAMI WHEEL 2007 日曜日
碧南での「お仕事」が終わって名古屋駅に戻ったのが16時前、それから新幹線に乗り一路大阪へ。なんとか頑張って心斎橋に着くも、1本目に観ようと思っていた「岡野宏典」が今月のFM802のヘビロになってることもあって入場制限がかかって観られず、結局ガールズ・ヴォーカル・ナイトになってしまった。

1本目「アカシアオルケスタ」@鰻谷sunsui
おお、これなかなかええわ。ソウルフルなサウンドにパワフルなヴォーカル。気持ちいいわ。
ここで初めて知ったバンドだけど、なんだかクセになりそうな予感。帰ったらダウンロードできるかiTunes StoreとNapsterを探してみよう。

2本目「古澤ひかり」@club☆jungle
パンフのアーティスト紹介では結構よさげだったけど、実際聴いてみると声の質とサウンドがマッチしていなくて残念。本人がよほど好きなんだろうか、ブリティッシュ・トラディショナルかあるいはオルタナティヴ・ロックというジャンルができるきっかけとなった80年代の英国ロックが好きな人にはサウンド的には懐かしくて良いが、彼女の声質を活かすにはもっとアコースティックなサウンドメイクの方が合うと思った。
もっとも僕自身、その時代のThe SmithsとかEcho and the Bunnymenとかよく聴いてたから、それを声の綺麗な小柄な女の子が歌っているというだけでも僕はやっぱり懐かしくてよかったのだけど。

3本目「坂詰美紗子」@心斎橋RUIDO
僕の大好きな若きメロディメーカー。彼女のライヴを観るのは名古屋アップルストアのインストア以来4ヶ月ぶりだけど、歌もピアノもうまくなってて、クリエーターからアーティストへの階段を一歩一歩しっかり着実に上っているのだと実感。そして何よりも楽しそうに歌う姿、やはりいいなぁ。

4本目「土岐麻子」@knave
よほどタクシーで南堀江まで乗りつけようかと思ったけれど、結局歩いてギリギリ入場制限に引っかからずに入れた、本日の本命アーティスト。やっぱり土岐ちゃんの声、大好きだなぁ。
今夜(29日)も、同じメンバーでSaigenjiさんとのツーマンで鰻谷sunsuiでライヴがあるので、この日は遠くから観て、大混雑の中も気持ちがゆったりとなるだけでも十分だった。

土岐ちゃんの余韻があまりにもよかったので、次に観ようかどうしようか迷っていたアーティストさんには悪いけど、これで打ち止めにして京都へ帰ることにした。ごめんね。でも風呂にゆっくり入りたかったしぃ・・・

風呂と言えば、knaveの前でこんなことやってた。
CIMG5344.jpg
無料のフットバス。さすが松下さんがスポンサーなだけあってこういうことができるんや。今の大阪のトレンドを引っ張り続ける堀江エリアに「ゆ」の暖簾はなかなか素敵だ。
でも僕はやっぱり京都に帰って船岡温泉でのんびりするのが一番。

長時間のスタンディングは普段立ち仕事をしていない人には本当に堪えるものだ。土曜日、中山うりのライヴ中に「足つったぁ」と叫ぶ声が聞こえてきたっけ。いくら歩き慣れてる僕でも、やはりこれは辛い。
スポンサーサイト
【2007/10/30 00:18】 | 田園音楽生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<そして今日も音楽づけの日が続く | ホーム | MINAMI WHEEL 2007 土曜日>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/78-8d591110
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。