スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
MINAMI WHEEL 2007 土曜日
京都から新幹線通勤という荒技に出ることになったのは、ちょうどこの週末に大阪ミナミですっかり恒例となったライヴイベント「MINAMI WHEEL 2007」参戦のため。(いつから誰が使い始めたかわからないけど、ライヴに行くことを「参戦」というのは違和感ありつつも、すっかり馴染んだのか僕も使ってしまってる。)
今年で9回目を迎えるこのイベント、ミナミのライヴハウス、クラブ18ヶ所で同時進行的にのべ300組以上のアーティストが登場する、いわゆるショーケース・ライヴ。米国テキサスの「South X South West」がその走りだが、今や世界中でこんなポップス系のショーケース・ライヴ・イベントが行われていて、日本でもこの「MINAMI WHEEL」と、昨年から春に名古屋でやっている「SAKAE SPRING」(来年も開催決定!)が今やその2大イベントとなっていて、ここでのライヴが若手の登竜門にもなっている感も大きい。
大阪ミナミに名古屋栄。どちらも徒歩で行き来できる範囲内にライヴハウス、クラブが密集している。1時間サイクルで回し、ライヴ35分、セッティング&サウンドチェック25分というセットでいけば、その25分の間にオーディエンスは次のお目当ての会場に移動できるという仕組み。
これ、東京では絶対に真似できないよなぁ。地下鉄で移動というのは25分では行ける範囲も限られてくるわけだし。

今年の春の「SAKAE SPRING」は2日間にわたって16組のアーティストを観た僕だけど、今回は夕方から夜しか観られる時間がないので、1日4組限定で2日間楽しもうと思った。トータルのライヴ時間は2時間半弱。それで個性豊かなアーティストを4組ずつ観られて1日3000円でお釣りが来るのはNo Music,No Lifeな人間にとっては本当に嬉しい。ただ、4時間ずっとスタンディングというのがオーバーウェイト気味のおっさんにはちょっと苦しいのだけど。

CIMG5346.jpg

何はともあれ、27日土曜日は「さかいゆう」@OSAKA MUSEから参戦。「天才スウィートボイスの珍獣」の異名を取るはっきり言って「お笑い系」のルックスながら、天才の名にふさわしいピアノ・ポップスを変幻自在に奏でる彼。まだ無名だけど、これからパフォーマーとしてもソングライターとしても絶対メジャーになる才能の持ち主だと改めて確信した。
今回はフルバンド+コーラスつきという豪華な編成。ジャズ、ソウルのエッセンスを取り入れたサウンドは僕の好みのツボにはまって本当に気持ちいい。1本目からこんな熱いパフォーマンスを観られて嬉しい限り。

2本目は「コトリンゴ」@knave。心斎橋から南堀江まで頑張って片道15分近くかけて歩いた。
SAKAE SPRING 2007で初めて彼女のライヴを聴いて以来、その卓越したピアノ・テクニックと若かりし日ののジェーン・バーキンを思い起こさせる透明でハイトーンなウィスパリング・ヴォイスには今回も癒される。関西出身だけあって、実は結構天然系の笑いのツボをおさえたMCも楽しい。

3本目は現在も広島を拠点に活動する男女デュオ「achordion」@鰻谷sunsui。独特の浮遊感のあるギターとヴォーカルにこれまた癒される。僕は去年だったかiTunes Storeのウィークリーシングル(無料配信)で聴いてすっかり引き込まれていたのだけど、ライブはとても穏やかな気持ちになる素敵なものだった。
※なんとなく、安曇野地球宿の友人のナイスカップル、Shuntaro&Akimiのデュオとイメージがダブって面白い。なんだかふたりに会いたくなったなぁ。冬の間にまた歌いに地球宿に来てくれないかな。
もちろんachordionも呼べるものなら安曇野に呼んでみたいナイスデュオ。やはりアコースティックがいいね。

そして土曜日のトリはアコーディオンの歌姫「中山うり」@鰻谷sunsui。好きなアーティストが好きなハコで続けてあるのは楽でいいし、今の彼女の人気ぶりからすると入場規制がかかっても不思議はないから、前のほうで見られて最高に嬉しい。
彼女もiTunes Storeの無料配信から火がついて、あれよあれよという間に人気者に。日本のiTunes Storeの奇跡とすら呼ばれるほどだ。
ジャジーでけだるい浮遊感をサポートのリズム隊&ギターがしっかりとそれを際立たせて、実に気持ちのいい時間だ。
時間に厳しいMINAMI WHEELだけど、トリを務めるアーティストだけはアンコールが許される。もちろんオールスタンディングのオーディエンスからはあふれんばかりのカーテンコール。2曲も演奏してくれて本当にいい感じで土曜日を締めくくることができた。ありがとう!

この日聴いた4組は既に僕のお気に入りであり、うち3組は今回始めてライブを聴いたのだけど、間違いなくこれからも応援していきたいと帰りの阪急電車の車内で改めて思う。
結局京都に帰ったら最終バスだったけど。

(日曜日編は今夜書きます。)
スポンサーサイト
【2007/10/29 10:43】 | 田園音楽生活 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<MINAMI WHEEL 2007 日曜日 | ホーム | 環境と音楽の2日間・環境編>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/77-be98d7b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ジェーン・バーキン
★☆★ジェーン・バーキンのお勧めアイテム!★☆★【バーキン】are you in a hole?今朝見た面白いモノ〔ハーレー〕jazzから・・birkinへ[エルメス バーキン 本物]新製品ETC ¥0キャンペーン 無料!【ハーレー】&quot;The Reminder&quot; Feistブロンド四人姉妹日曜の朝と成 ブログ検索結果BLOG【2007/10/31 20:11】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。