スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
盛りだくさんな秋の土曜日
本日の行動(あまりに盛りだくさん。詳細は明日、個別に書きますので、概略だけ箇条書きにて。)

・6時に一度起床、雨がやんでいることを確認して洗濯機をかけて二度寝。

・7時半に再度起床。これで睡眠時間が6時間半確保できたぞ。これで一日しっかり楽しめる体力回復。

・朝食後、出発の10時までずっとPCの修復をする。朝霧はすっかり晴れていい天気。

・10時20分、国営アルプスあづみの公園に到着。ガイドセンターで職員のSさんと待ち合わせ、環境教育プロジェクトの「プロジェクト・ワイルド」のプログラム「オー、ディア!」にて僕はプロジェクト・ワイルドの指導者デビュー。

・11時。。。デビューとなるはずが、人が全然集まらない。他のアクティビティを遠巻きに見て、ネイチャー・インタープリターの心得として盗めるものは盗もうと聞き耳を立てる。

・11時半、焼き芋体験イベントに参加の親子連れ2組を勧誘に成功、参加者8人でプログラム開始。最終目的地を「タヌキの糞だまり」に定めて、動物が生きることに必要なものについての気づきを通じて一緒に楽しみながら森の中へ。
ちなみにメインのインストラクターはSさんが務め、僕は補佐役として、歩く列の後ろから秋の森の自然の姿を見つけ次第後ろの方にいる人たちに伝えて歩く。

・12時、プログラム終了。公園サポーターで山岳ガイドの資格も持つAさんをSさんから紹介していただく。来年は里山ガイドも始めていきたいので、これから彼の教えをいろいろと乞うことになることだろう。

・12時半、ユニクロへ。冬のアウトドア・アクティビティ用に「汗を発散させ、身体を冷やすのではなく逆に暖める」素材のインナーを買う。今まではこういったものは登山用品メーカーのものを使っていたけれど、ユニクロがその機能を評価して積極的に導入してくれたおかげで安価に簡単に手に入るようになったのは本当にありがたい。
ついでに普段履きの厚手のジーンズを2本買うが、直しを取りに行く時間が今日は取れそうになく、明日再度ユニクロ詣でと相成る。

・13時、昼食。昨日炊いた栗ご飯が炊飯器の中でちょっとおこげになっていてうまい。

・14時、穂高の自宅を出発、一路南東方向に車を走らせる。基本的にずっと下道で行くつもり。

・15時半、諏訪エリアの渋滞を避けるべく、岡谷~諏訪の1区間だけ高速に乗る。500円で所要時間を30分近く短縮できたのは助かった。

・16時半、山梨県北杜市の「日野春ハーブガーデン」へ。ここでホップを扱っていることを知り、4株買う。ほかに耐寒性のタイムなどの苗を買い、我が家の庭先を着々とキッチンガーデン化する足がかりにしよう。
ホップについては別途、安曇野ビール復活プロジェクトとして5~10年計画でやっていくので、乞うご期待。

・17時15分、長坂インターから中央道に入る。途中「中央道原PA」で名物の「ローメンまん」を食べようと思ったけど売り切れ。今日は帰宅が遅くなるのは間違いないので、普段まず口にしないようなジャンクフードでとりあえず腹ごしらえしようと思ったのだ。

・17時45分、諏訪インターを下りる。諏訪湖沿いに車を走らせ、時間があれば下諏訪の「湖畔の湯」で一風呂浴びたかったけれど、やはり諏訪を抜けるのに混雑で予想以上に時間がかかる。

・18時半、岡谷市文化会館「カノラ・ホール」へ。ここは音楽専用ホールとして作られたこともあって、それを活かすべく行政がしっかりフォローしながら自主公演が盛んに行われている。
今夜は年に4回やっているウィークエンド・コンサート。クラシック主体だけれども、ときどきポピュラーもやる。
今夜は僕も大好きなジャズ・ギタリスト、小沼ようすけ君のソロギターがメインアクト。ゲスト・ヴォーカルにnoon嬢(彼女も僕の大好きなシンガー)を迎え、アットホームな小さなホールの特性をしっかり活かして、ときにアグレッシブにときにメロウに、そしてふたりのデュオはしっとりとしかもパワフルに、楽しい時間が過ぎて行く。
ああ、音楽ってなんて楽しいのだろう!

・21時、終演。下諏訪に戻り、駅近くの共同湯「新湯」で昼間の汗を流すとともに夜の寒さに冷えた身体を暖める。シャワーのお湯も源泉をそのまま使った本物の温泉。こんな街中にいい温泉がたくさん湧いている諏訪は本当に素敵な場所だ。

・22時、再び松本方面へ車を走らせる。途中、村井のラーメン店でにんにくたっぷりのとんこつラーメンを食べて明日のパワーをチャージする。

・23時半、ドンキホーテに寄る。30日の月光荘京都のハロウィン・パーティの仮装用の衣装を見繕う。しかし、コスプレ衣装って本当にいっぱいあるのね。ここはアダルトショップかと見まがうようなキワドイものもあったりして、結構楽しかった。こりゃ昼間より夜中の方がはやって当然。ちなみに僕の出身地は20年ほど前にドンキホーテの1号店ができた場所。なぜ松本まで来てドンキに行かねばならぬのか。深夜営業してても来る人がいるのかと思っていたけれど、意外に混んでいる。やっぱり学生さんをはじめ、若い人が多い町だから、夜更かしはごく当たり前なのね。

・24時、帰宅。ああ、なんてバラエティに富んだ楽しい一日だったのか!これだけいろんなところからエネルギーを吸収したいい一日だった。

今朝、霧が晴れたときに見えた常念山脈の山々は雪化粧していた。これだけ冷えれば(現在外気温は6度ほど)このまま根雪になりそうなので、もう3000メートル級の山は冬山装備なしでは登れないな。
それでも山に行きたい。明後日でもさくっと白馬乗鞍岳にでも登ってくるか。それとも先週お知り合いになった上高地の山岳ガイドさんを訪ねて、徳本峠(とくごうとうげ)まで一緒に歩いてガイド術を盗んでこようか。

まぁ、明日起きて、ウェザーニューズのサイトから高層天気図などを仕入れて、来週まだ山に入れるかどうかの判断をしようかな。

とりあえず、今朝の常念岳を1枚アップしときます。そろそろ里にも紅葉がおりてきはじめます。ぜひ安曇野に遊びにきてください。但し、来週、再来週と週末は不在です。11月9日に蔵入りしたら夜しかお付き合いできませんが。ワイン合宿「信州ヌーボーを楽しむ会」やるけ?
CIMG5139.jpg
スポンサーサイト
【2007/10/21 02:16】 | 安曇野を歩く | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<やらかしてしまった、ダメダメ日。 | ホーム | 諸悪の根源は・・・>>
コメント
なんだか、nanookさんは私がしたかったことばかり
やってる気がするぞ、うらやましい限りでございます。
里山ガイドに酒作りに音楽か~~。

栗ごはんおいしいよね。
そうそう昨日は茹でた栗をむきむき、そして
中から出てきた幼虫さんをみんなで食べてみました(^^;)。
カミキリムシの幼虫より美味かも。
ムスメと私は美味しく頂いたけど、
旦那は???って顔でした。
虫は完全栄養食ですの
一度お試しあれ~。
(信州は虫を食べるので有名な県だもんね
言わずもがなかな。)

ホップといえば、風の子からの廃屋ツアーで山の中で
自然に生えているのを見た事があるよ。
あのあたりには自生してるのかな。
天然ホップのビールってどんな味なんだろう。

あー興味のあることばかりだ。

信州ヌーボーは無理なので
丹波ヌーボーでもこっちで楽しむ事にいたします。

だらだらとコメントごめんなさいでした。
またね。
【2007/10/21 09:13】 URL | たま #-[ 編集] | page top↑
たまちゃん。
僕の場合、もう一度こっちでサラリーマンやるつもりだったけれど、いろんな人に出会って感化されて、今ここでしかできないこと、始められないことをやっていこうと決心できたのです。
酒造りも朝早く体力勝負の世界だし、夏場やろうと思っている農業もネイチャー・インタープリターも同様に朝早いし。音楽と物書きは自己表現の一つとしてどんなに辛くても続けたいな。しばらくはお金は儲からないけど、絶対成功させてみるよ。ゆったりのんびり自分のペースで。

虫、完全栄養食だね。安曇野ではイナゴぐらいしか食べないけど、僕のルーツのある伊那谷では本当にいろいろな虫を食べます。先日飯田に行ったときにいろいろ食べてみましたが、昔の人はあれが重要な蛋白源だったわけで・・・好き嫌い言わずになんでも食べてやろうと思いつつ、それほどうまいとは思わなかったというのはここだけの話。(どぶろくには合いましたが)

ホップ、日本の原生種は「カラハナソウ」というものですね。日本のビールの黎明期だった明治初期は、北海道に自生するカラハナソウを見つけたのがきっかけで札幌麦酒醸造所ができたりということでしたが、信州にも自生してたのかも。
でもあの廃村のホップは自生種なのかどうか不明です。というのも高度成長期には結構大手ビールメーカーと契約して信州でも結構ホップを作っていたそうなので、それが残って野生化したものなのかもしれないし。(今はほとんど北海道、東北産で、信州ではホップを作り続けている農家さんは少なくなりました)
今度風の子で場所確認して、春になったら行ってみますね。

丹波ヌーボーもいいなぁ。ぼちぼち店に出てるかな? 今週末から5,6日京都滞在(うち1日は京都から名古屋の用事に通うし・・・)の予定なので、探して飲んでみます。それにそのとき、会えたらいいね。(別途明日にでもメールします。)
【2007/10/21 22:13】 URL | nanook.azumino #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/68-0aee44f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。