スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
がんばれウェザーニュース
DSCN5515_400.jpg
ちょっと前のニュースより。

民間気象情報サービス会社のウェザーニューズ社が台風18号の上陸場所を独自に「三重県志摩半島」と発表したことに対し、気象庁が「業務範囲の逸脱」として行政指導を行ったとのこと。
要は、日本の気象に関しては気象庁がすべてであって、それ以外の個人、団体が余計なことをするなということらしい。
このあたりの詳細は、10月18日の読売新聞の記事に詳しい。(ウェザーニューズと気象庁、バトルの構図)

せっかく政権交代して、「官から民へ」の流れがメインストリームになろうとしている中に、なんともタイムリーなまでに逆行するニュースかと思った人も多かろう。

僕は小学校のみ公立校に通い、あとの約10年ほどの学校生活はすべて私学で学んだ人間なので、そういう変な権威主義には中学生の頃から大いに違和感を感じて育ってきた。
もっとも高校時代の友人にもどうしようもなく権威主義に走り、キャリア官僚になった奴もいたけれど。彼は今頃どんな気持ちで霞ヶ関にいるのだろうとふと思ったり。
そもそもお上の言うことに正しいことなんてどれくらいあるのかい? 僕は無政府主義者ではないけど、ちょっとそういう立場になったからと言って常に上から目線で威張り散らす奴らが大嫌いなのだ。そしてそれに金魚の糞のように媚び諂う連中がいかに多いことか。

このニュースに関して論評していたあるblogに、「こういう権威主義が日本をダメにしてきた」とあって、僕は思わず拍手喝采してしまったほどなのだ。

本題に戻ろう。
そもそも何のために「気象予報士」という国家資格ができたのだろうか? 今まで国が独占してきたことに「民間活力の導入」とやらの掛け声のもとに門戸を開いたのである。
それまではテレビの天気予報は「日本気象協会」という気象庁のお抱え団体のスタッフの解説で独占していたところに、民間の気象予報士が参入し、女子アナからベテラン予報士まで今や天気予報は百花繚乱の世界だ。
その中にはCS放送、ケーブルテレビでの独自の天気予報番組を手始めに大きく業務を広げてきたウェザーニューズ社のような組織もあり、NHK、民放各局の天気予報を担当している同社所属の気象予報士も数多くいるわけで、いわば、民間気象情報会社の最大手がウェザーニューズ社ということになる。

実際にウェザーニューズのサイトでは、気象庁の予報よりもきめ細かくフォローされているところに大きな信頼感があり、僕も穂高のピンポイント天気を常に参考にして生きているほどなのだ。(ただし、有明山麓の冬場は、松川村のピンポイント予報の方が当たるというのも事実なのだけど。)
そこには幕張の予報センターからのコンピューターで各種データを解析して行っている予報だけではなく、全国に160万人いるウェザーニュース会員との信頼関係をベースに予報の精度を一層上げていこうというたゆまぬ努力があり、それゆえ僕も気象庁の天気予報よりも信頼を置いている。
もちろん西に大きな北アルプスを抱えて、太平洋側と日本海側の両方の気候が入り乱れるこの安曇野の地での予報が難しいこともあって、「都会もんが何を言う」などと思ってしまうこともあるけれど。
その努力の過程として、レーダー観測による雨雲の流れと各地の会員からの現在の天気の報告とを組み合わせた「10分天気予報」や「ゲリラ雷雨予報」といった携帯サイトのコンテンツは素晴らしいアイディアだと賞賛に値するわけで、各テレビ局がこぞってウェザーニューズ社の取り組みを夕方のニュース番組などで特集を組んだりしてある意味とても「目立っていた」。
それがどうも気象庁のお役人サンたちには気に食わなかったようで・・・

レーダーやアメダスの観測では拾いきれないものを、各地のユーザーからの生の情報を吸い上げて活用していく、これは絶対にお役所仕事では出てこない発想だ。マーケティングの基礎を勉強した人にとってはこの程度はごくごく当たり前のことなのだけどね。それが気象の世界では今まで存在しなかった。
今回問題となっている事案も、台風の進路に当たる地域の会員から気圧の変化や風向きと風速の変化などをサイトに投稿してもらい、そこから実際の台風の位置を推測するというやり方で、ウェザーニューズ社は「志摩半島に上陸した」と判断してサイトやBSのデータ情報番組「ウェザーニュース」で発表した。
一方気象庁はその1時間後に「知多半島に上陸した」と発表しているが、それに当たって現地のきめ細かいデータを取得して解析したのだろうか? 推測で申し訳ないけれど、あくまでも気象庁に集まってきた観測点の数値データだけでコンピューターがはじき出した推定位置を発表しているだけに過ぎないのだろう。少なくともお役所仕事の範疇では現地の民間人から体感などを聞いたとしても「それは主観的なもの」として排除してしまうはずだ。だからもとよりプログラムには入ってこない。

高いところからものを見ることも確かに大事ではあるけれど、それで大局をつかんだだけでは実際のところ何も答えは出てこないものだと、僕は経験上知っている。
むしろ大切なのは、現場の小さな事実たちなのだ。

それをわかっているウェザーニューズの方が、どんなに叩かれようと僕にとっては信頼できるのだ。


さて、もうひとつ、僕がウェザーニューズを応援してしまうのは、「もっと気象を身近なものに」という発想からかオーディションで若い女性のお天気キャスターを募集して選び、携帯サイトの動画の天気予報番組やBSデータ放送チャンネルのウェザーニュースで実際にキャスターとして活躍してもらおうという発想にもある。

すなわち、「お天気お姉さん」の復活。

僕らの世代の男子にとっては、子ども時代にテレビのお天気お姉さんに恋をした人も多かろう。
中にはお天気お姉さんからアイドルのような活動へと転進していった人もいるわけで、なんだかんだ堅いことを言ったところでそういうところで「天気予報は身近なもの」と感じるようになってきたのだ。

今のテレビの天気予報キャスターはプロの気象予報士がほとんどなわけで、確かにNHKの7時のニュースの半井小絵さんや「報道ステーション」の元お天気キャスター(現メインキャスター)の市川寛子さんはすごく素敵だと思うけど、あの頃のお天気お姉さんとはまったく別世界の人たちにしか見えない。

それよりは、「情報番組キャスター」としての技術も低く素人っぽさの残るウェザーニュースのキャスターたちの方がもっと身近な存在と思えてしまう。そう、隣のお姉さん的な。

ちなみにウェザーニュースのキャスターで僕の一押しは、西川里美さん。もともとモデルやタレントとして活動してきたそうだけど、20代前半の女の子にしては変にきゃぴきゃぴしていなくて落ち着いた語り口がおじさんウケしそうなキャラクター。(あ、僕はまだ「おじさん」化してないとは思ってるけど。)
正直、地上波のテレビが全然面白くないし、BSも民放は時間帯によっては「テレビショッピング」しかやってなくて、これじゃあテレビ離れが起こっても仕方ないと、テレビをほとんど見ない僕ですら思うのだけど、最近は雨の日など、よくBSのウェザーニュースを垂れ流しながら家の中で仕事してたりする僕なのであった。

そういう使い方で僕にとってまったく違和感がないのは、なんとなくJ-Wave系の各FM局の午後のワイドプログラム(女性DJがひとりで担当)と似た構成なのだからかな。
音楽が天気予報に代わっているのは当然のことだけど。

実は僕も気象予報士目指してます。安曇野と北アルプスに特化した予報をして、農業、林業、観光業、山岳関係などなどに役立ててもらえたらと思っているわけで。サラリーマン時代以上になかなか自分の時間が取れなくなっている今、勉強している暇がないのが本当に困ってしまいますわ~
まぁ、ぼちぼち頑張っていこう。

DSCN5546_400.jpg
スポンサーサイト
【2009/10/27 23:43】 | log | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<ひと月ぶりの振り返り | ホーム | mixiアプリ>>
コメント
良民が
黄門さまの印籠に
「ドラマでは」平伏すように

【気象庁】っていう印籠を出せば

「ははぁ~っ」て
ひれ伏して
従うとでも思ったのでしょう。

この話の記事読んで
気象庁ってバカみたい
って思いました。
【2009/10/28 16:15】 URL | ごりちゃん #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/500-9af27124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。