スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
北へ走れ、風を撃て(1)
今日も一日、体力の限界と闘いながらなんとかやり過ごすことができた。
明日は雨の予報、だから、明後日の雨上がりにはいろいろまた作業が待っているので、その前工程としてやっておかなければならないことを今日は一気に片付けた。
昼前に思いっきり息切れし、毒づいてしまってたけど、なんとか最後まで乗り切った。
(不幸にも毒吐き記事を読んでしまった方、失礼いたしました。時限爆弾、無事回収しました。)

それにしても今週は今日まで本当に山の姿が印象的な週だった。
雨が近づいている今日も、霞みながらもしっかり輪郭を示す山々は美しい。
こんな奥ゆかしさもいいものだけど、やっぱりくっきり山が見えた日にはその感動はひとしおだ。

5月18日。
週末の雨が上がって、空気が澄んだ月曜日。
あまりに山がくっきりと見えたので、思わず車を走らせる。

DSCN4268_400.jpg
麦畑の向こうに常念岳。ピントが山に合ってないので見にくいけれど、常念坊の雪形はすっかり烏帽子もくっきり見えてきた。ぼちぼち田植えの時期だな。

DSCN4270_400.jpg
まだ菜の花も咲いているところがある。その向こうには爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳。
種まき爺さんの雪形は巨大化してよくわからないけど、鹿島槍の鶴と獅子の雪形はずいぶんとはっきりしてきた。ただ、有明の上の方からは獅子は前山に隠れてしまう。ベストなウォッチポイントは烏川を渡る橋爪橋の上あたりかな。

DSCN4275_400.jpg
中房川を山麓線が渡る橋の上から大天井岳を望む。前日の大雨はすっかり濁流になっている。それでも翌日にはこの濁りもひくのが渓流の良さ。

もっと北の方の山々に近づきたくて、畑仕事をほっぽって山麓線をひたすら北上してしまう。

DSCN4283_400.jpg
国営アルプスあづみ野公園大町松川地区の入り口から見ると、鹿島槍の獅子の雪形がくっきり。
写真の双耳峰が鹿島槍ヶ岳。その2つの頂上の鞍部の真下に見えるのが獅子だ。獅子ではなく跳ね馬に見えるという説もあるけれど、昔の人はここに獅子の姿を見たことを僕らは大切に受け継いでいこう。
ちなみに鶴は右側の頂上(北峰)から右へ降りていく稜線をたどっていくと見えてくる。懐かしいJALの尾翼の「鶴丸」マークを思わせる姿。

(以下、後編に続く。)
スポンサーサイト
【2009/05/21 20:24】 | 安曇野を歩く | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<北へ走れ、風を撃て(2) | ホーム | 大丈夫、幸せは すぐそばにある ~「今度の日曜日に」>>
コメント
この季節は霞やすいのですが、すばらしい風景です。

県外からは、長野県はどこからも綺麗な山が見えるイメージかもしれませんが、たった30分の距離である、松本からでも随分風景が違いますね。
【2009/05/23 23:51】 URL | ろっきー #-[ 編集] | page top↑
>ろっきーさん
めちゃくちゃ亀なお返事ごめんなさい。2ヶ月も経っとるやんけ!
その2ヶ月の間の山の風景の変化も素晴らしいものです。安曇野でもうちは一番北のあたりになるので、同じ市内でも豊科高家あたりから見るのとはまた全然違いますし。

夏野菜、この長梅雨で見事に遅れています。トマトやナスなんかは8月後半になってしまいそうな予感。
でも収穫できたらぜひろっきーさんに料理していただきたいな、と思います。またお知らせしますね!
【2009/07/27 11:48】 URL | TerraSun #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/487-b857c6a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。