スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
安城の夜、第一夜・・・雑感と断片
いよいよこの2ヶ月ほどかかわってきた安城市の子どもまつりが明日・明後日と開催される。僕ももちろんその場に参加する。
そんなわけで今夜は安城泊。ワークショップのときはトヨタ系企業の頑張っている町として空室のなかったホテルも週末は若干の空きがあり、僕はそこに潜り込むことができた。

レギュラーシーズンの優勝が8連敗でなくなってしまったわがタイガースが、宿敵ドラゴンズを破るシーンを見て、そしてそのままNHKを見ながら、明日の準備に勤しむ夜。
NHKの夜の番組で、僕が普段見ることのなかった番組が、今回は僕の母校に爆笑問題が訪れて、教授陣や学生たちと「学問とは何か」ということを議論する内容で、仕事の手を休めながら興味深く見た。そして、僕の恩師の盟友であり、現在学長を務めるA教授の言葉に、僕は大きく共感した。

・・・そもそも学問というものは自分を疑うことから始まる・・・

そこには、わが大学の創始者の言葉がそのまま生きていた。
もう150年も前の人物だけれども、決して発想は古くはない。今でこそ、日本の貨幣経済のアイコンになってしまっているけれど、僕は彼の教えの流れる中で学んだことを今でも誇りに思う。

だから、僕は自分が歯車の一部にしかならない企業社会からドロップアウトして、自分の信じた道を行こうと思ったのだ。
伝統にあぐらをかくことなく、常に新しいものを見続けていく姿勢の大切さは、学校に残る人たちによってしっかり守られているのがとても嬉しい。

今でも「座右の銘は」と言われると、「独立自尊」と答える僕だ。
※既に僕がどこの大学の出身か知っている人はともかく、知らない人にもこれで悟られてもいい。でも、それで付き合い方を変えることだけはどうかしないで欲しい。それだけがみなさんへのお願い。僕はエリートでもなんでもない。自分の生き方を貫いていれば、それこそが本当の独立自尊を貫いている人なのであって、学歴なんか気にするに値しないものなのだ。

今夜過ごしている安城という町にもそんな進取の気性を感じ取ることができる。
だから、中規模都市の中では「日本の環境首都」に一番近い位置にいる市なのだということが、4日間のワークショップでひしひしと伝わってきた。
今泊まっているホテルですら、部屋の中でもゴミの分別が他のホテルよりもはるかに徹底している。部屋にはゴミ箱がひとつというのが「サービス」だと勘違いしているホテルの多い中でも、今僕が気づいているだけでも一般ゴミと再生資源化可能なゴミというふたつの分け方をしているのはすごいことだと思う。
欲を言うならば、それぞれのゴミ箱に入るゴミの量が極端に少なくなるかもしれないけれど、4つぐらい分別できるゴミ箱が置けるホテルは、どんな一流ホテルよりも素晴らしいホテルだと僕は思っている。(4つ星ならぬ、4つゴミか。笑)
まだまだこのレベルに到達するには、泊まる側の意識の変革も必要なのだけど。

久々にこの町の夜を歩いてみたら、風俗店が町の規模の割りに多いことに気づく。
そういえば、去年、坂本龍一教授が編集に携わった某雑誌のコピーに「エロなオンナはエコである」というような言葉があったっけ。
いつぞや、飲み屋で偶然居合わせた風俗嬢と語り合って飲んだことがあったけど、彼女も生ビールや缶ビールには居心地の悪さを感じると言ってったっけ。
「だって、お店じゃビールは瓶しか置いてないのよ。ビール瓶はちゃんと洗って何十回と再利用してるんだものね。子どもの頃、社会科見学でビール工場に行ったから、私でもそれくらい知ってるのよ。」

そのとき僕は彼女とお金を媒介にせずに寝たいと思った。彼女も酔っていたせいか「好きでもないオトコのチンチンしゃぶるよりも、あなたと話しているほうがはるかに気持ちいい。もちろんホストなんかと話しているよりもね。」と言っていた。
でも実際はそのまま飲み続けて朝が来てしまい、ふたりとも自分の住処に帰ってしまい、それっきり今のところは二度と会うことなく時間が過ぎてしまっているのだけど。

なんだかとりとめもない話になってきたから最後にひとことだけ。
「エロなオンナはエコである」については、僕の中では仮説のレベルでしかなく、できれば実証してみたい気がするけれど、表向きにはエッチ行為ありの風俗店の存在しないことになっている長野県にいてはそれは検証できない。自分を疑ってみたところで先に進めなくなっているのだけど。

まぁどうでもいいことだけどね。
スポンサーサイト
【2007/09/29 00:20】 | ちょっとお出かけ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<安城第二夜、冷たい雨 | ホーム | 今日の断片たち~2007年9月27日>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/46-b0a9229f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。