スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
季節はずれの「台風なな号」、安曇野を席捲するの巻(Intro)
2月23日。ケータイに一通のメールが。
差出人はまだ高校生だった頃に精神的に近いところにいた女の子。かれこれ20年以上会ってなかったけど、不思議と毎年の年賀状だけは続いていた、そんな関係でしかなかった。
たぶんよほどのことがなければ二度と会うことはなかっただろうと諦めていた関係。何かの拍子に死んでしまったとしても、その死がお互いに伝わることなくお互いの記憶から消え去っても不思議はなかった。

そんな彼女が大きなピンチを迎えていて、年賀状に一言書いた内容を頼りに、「気分転換に安曇野へ行ってもいいですか?」との短いメールをくれた。大きなダメージに食事も摂れないし眠れないとまであって、大好きだった昔の友人の大ピンチを僕ができる形で助けてあげようと思うのはごく自然な流れだった。1時間後に手が空いてすぐに返信し、夜には実際に電話で話して、予定していた旅を全部キャンセルして彼女を本来のポジティブでマイペースで暖かなパーソナリティを取り戻すために、1週間僕は彼女をサポートしようとごく自然に決心できたのだった。

DSCN2697_200.jpg
2月25日夜。ちょうど「88888km」の走行距離になった車で、高速バスの松本インター前バス停で彼女、「ななちゃん」をピックアップ。
そのときはここから安曇野のいろんなキーパーソンを巻き込んだ大嵐が起こるとは予想すらできなかった。

ななちゃんのいたこの9日間は、なんだか1ヶ月も2ヶ月ものんびりと、でも深く、たくさんの人に会って人生観をある程度転換させてしまえるような、そんな大きな旅をしたかのような心地よい疲れを僕に残してくれた。
ななちゃんの心の傷を癒すはずが、逆に僕の方が癒された気もする。僕の中に存在していたいろいろなもやもやも、なんだかすっかり浄化されたようだし。ときどき17歳だった頃に心がロールバックしながら過ごしたこの9日間、信州から一歩も出なかったのに僕はとてもいい旅をしたわけで。

そして、ななちゃんは、これから安曇野の愉快な仲間たちの物語の重要な登場人物になることは間違いないところまで、この安曇野の地に同化していった。

そんな「台風なな号」、安曇野初上陸の9日間の様子を何回かに分けて書いていこう。
今回ななちゃんに会った人も会えなかった人も、それだけ強烈で深く、それでいて憎めず暖かな後味を残した旅人、そして新しい愉快な仲間、ななちゃんにきっと会いたくなる、そんな思いを持ってもらえたら僕も嬉しい、心温まる旅日記のはじまりはじまり。
DSCN2708_200.jpgななえ嬢、ぶちと友情を築くの図
スポンサーサイト
【2009/03/06 09:27】 | 安曇野の仲間たち | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<風力3、波はまだ穏やかに | ホーム | 別にひなまつりが悔しかったわけじゃないけど>>
コメント
何だかすご~く私もななちゃんに会ってみたくなってしまいました☆☆
この前のキーワードの
88888って走行距離の事だったのかな??
【2009/03/06 11:15】 URL | もっちゃん #-[ 編集] | page top↑
>もっちゃん
ななちゃんはこれからちょくちょく安曇野に来ると思います。だからきっと会えると思いますよ。ただし、ななちゃんは魔女なので要注意でっせ。

88888はお察しの通り、走行距離です。
あれから1週間で1100kmまた距離が伸びてます。ヤバイ(汗)
【2009/03/07 19:07】 URL | terra-sun(放浪中) #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/454-33bc7c61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。