スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「高くて固い壁」と「ぶつかって壊れる卵」なら、僕も間違いなく卵の側に立つ。
村上春樹 エルサレム賞授賞式スピーチ 全文
http://www.47news.jp/47topics/e/93879.php

中学生の頃からの長い年月、僕は村上春樹が一番好きな作家だった。
彼のシンプルでテンポがよくて、深いメタファーが潜んでいるその文体が、僕の文章のよきお手本だった。
もちろん今でも村上さんの書く世界はとても好きだ。
年を重ねるごとに深みを増し、幅を広げていく彼の小説世界は、やっぱりワンダーランドだ。
僕がどんなに頑張っても、村上さんの想像力にはきっと追いつけない。

村上さんが「エルサレム賞」を受賞し、授賞式に出席するということについては、彼自身の中でさまざまな葛藤があったという。もちろん外野からのたくさんの圧力もあったようだ。
でも、彼はエルサレムに出向き、しっかりと発言するという手段を選んだ。
このことに僕は大好きな作家がちゃんと社会に、そして世界に責任を持とうという態度として、本当に頼もしかった。

まあ、僕自身、イスラエルという国家の存在自体が中東の大きな火種となっていること、そして、直近の出来事としてのイスラエル軍によるガザ侵攻という事実には反感すら抱いている。
ユダヤ人の歴史を考えると、国家を持たない民族の悲劇がそこにあるのも事実だけど、パレスチナ人という隣人を愛せず対立するというのは聖書の教えとはまったく逆なのも僕の反感の一番大きな要因。
だから、「エルサレム賞」は僕だったらいらぬ争いの種になるのが嫌だからときっと辞退すると思う。もっともそんな偉大な文学者には僕はなれないけど。

 「高くて、固い壁があり、それにぶつかって壊れる卵があるとしたら、私は常に卵側に立つ」
村上さんの今回のスピーチで、大きく取り上げられ、そして僕も大きく共感した言葉だ。
体制、あるいはシステムという高くて固い壁は、ときに人を傷つけ殺していく。でもそこで傷つけられる側になる人間は生身の、壊れやすい卵。
村上さんらしいメタファーの中に込められた大きなメッセージに共感した人も多いと思うし、「行くなら不買運動を起こす」と言った人も納得できるメッセージなのだと思う。(これで納得できないようなら、ただのクレイマーでしかない。)
さすが、世界のムラカミ。


さて、この記事のカテゴリーが「映画」となっているのは、ここからの話につないでいくためだ。どちらが本題かわからないような書き方になってしまって申し訳ないけれど、このふたつのトピックをつなげて語るのが今の僕には一番しっくり来る。

一昨日の水曜日、メンズデー1000円を利用して、「チェ 39歳 別れの手紙」を観た。
今月1日に京都で観たのの続編。
キューバ革命を成し遂げ、現状に安住することなく、新たな革命、圧政からの人々の解放を求めてキューバを去っていったチェ・ゲバラ。
この映画は彼がボリビアでのゲリラ活動に失敗して政府軍に捕らえられて銃殺されるまでの1年ほどを描く。
第一部「28歳」が希望に満ちたものだったのと対照的に、非常に重く苦しく、観ていてとても辛くなるものだった。やはり2本続けて観たほうがよかったのではないかと、観終わった後のやり場のない苦しさに心が痛む。

ジョン・レノンをして、「あの頃世界で一番カッコよかった男」と言わせしめたゲバラが、何故こんなにも辛い希望のない闘いを強いられなければならなかったのか。「米帝」(あえて左翼的な言葉を使わせてもらったけど、この言葉こそここにはふさわしいと僕は思う)の影がひしひしと感じられる。
何もその頃だけじゃない。今だって世界の盟主であろうとし続けるアメリカの横暴は続いていて、それがあったからこそ、直接的・間接的に多くの命が失われている。
どうかバラク・オバマにはその負の流れを断ち切って、フェアな世界を作ることに向かって欲しいと思うのは僕だけではないのは間違いない。
世界経済の再生ということを望むならば、その前にもっと大事なやるべきことがあるのだから。
何度も言うけど、僕は「経済成長をやめてしまう」というのもひとつの選択肢としてアリだと思っている。そこまで高度資本主義経済体制にどっぷりつかった人々には到底できるとは思えないけど、価値観を少し変えてみることで意外にも簡単に解決の糸口が見えてくるのではないかと思う。それこそ「革命」。

いずれにしても僕は高くて固い壁ではなく、弱いけれどもひとつひとつとても大切な卵の側にいたいと、村上春樹の言葉とチェ・ゲバラの生き様に改めて思った。
そう、無用な争いはやめて、もっとやさしく誰もが生きられるようにしていこう。それが安曇野からの僕らの革命。

同志たちよ、団結なんてしなくていいから。
今身近にいる人たちを大切に、やさしさをいつも心に。

同志たちよ、頑張らなくていいから。
あなたがあなたらしく生きられるということは、お金には換えられない価値があるのだ。
DSCN2560_400.jpg


P.S. 最近、文字化け状態のトラックバックを送ってくださる方が多く見受けられます。
   せっかく有意義なサイトからのトラックバックかもしれないのに残念です。
   大変申し訳ございませんが、文字化けトラバは中身に関係なく削除します。
   せっかく有意義な情報も相手に読めなければただのゴミです。
   本当に伝えたいならばどうか読み手のことを考えてください。
   そして伝えたいという気持ちにしっかり責任を持ってください。
   それが「書き手」としての僕からのメッセージです。
スポンサーサイト
【2009/02/20 09:23】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<土岐麻子 at LiquidRoom、そして立ち飲みの夜は更ける | ホーム | 別所温泉へ>>
コメント
>masaさん
ほんと、命を懸けたスピーチでしたね。
冒頭の「嘘つき」云々のつかみからして、村上春樹一流のウィットが効いていたからその後の核心部分が生きてきた、素晴らしいスピーチ。
僕も還暦を迎える頃には、こんな風に語れるようになりたいものです。

小説、ぜひまた挑戦してみてくださいね。最初は難解に思えたかもしれませんが、読み直せばそのときの立場や状況次第でいとも簡単に読み解けるかも。
【2009/02/20 23:57】 URL | terra-sun(放浪中) #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/449-ddc427b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。