スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
漂泊の一日(Ver.Feb/07/2009 at Nagoya)
DSCN2146_640.jpg

2月7日
ゆっくりと10時過ぎから行動開始。まずは大須観音へお参りした後、先日月光荘で知り合った人がやっているカフェ&ギャラリー&ショップ「Tribal Arts」へ。世界のエスニックなものたちに焦点を当てたユニークなお店だけど、なんとなくひつじ屋にも通じる空間というイメージで一日も早く訪ねたいと思ってた。
地下鉄鶴舞線で原まで。以前平針の試験場に免停講習に行ったときに使った駅。(免停中だったので車で試験場まで行けなかったのだ。) だからこんなご縁がなければ二度と下りることはなかったはずの駅だ。

DSCN2157_640.jpgDSCN2152_640.jpg
駅からの道はちょっとわかりづらかったものの、現地に着いてみるとその存在感に圧倒される建物にびっくり。月光荘ではなんとなく頼りなげに見えた彼はそんな大きなお店の経営者だったのかと。御見それしやした・・・

DSCN2150_640.jpg
その中のカフェ「リトルブッダ」でグリーンカレーとチャイをいただきながら、パソコンを開いて一仕事。そんな使い方でも素晴らしい居心地の良さで、ついつい長居をしてしまう。
ちょうど地元クリエーターのビスコさんの個展をやっていて、シンプルな線の描写ながらとても力強い生命力を感じる絵やステンドグラスなどの作品を見せてもらう。見ているうちになんだか我らが世界のイラストレーター・内川絢子ちゃんを思い出してしまう僕。描いている世界観などはだいぶ違うかもしれないけど、なんとなく同じ匂いを感じていた。
絢ちゃん同様にまだまだ無名だけど、これから大いに伸びて羽ばたいていく若い女性アーティストなのは間違いないだろう。いつか安曇野でもビスコさんの個展、やってみたいなぁ。

そんなわけで、僕はTribal Artsにひつじ屋と同じ匂いをぷんぷんと感じ取っていたのだ。なんだか嬉しくて幸せな時間。
こういう空間も都会と自然をつなぐ鍵になっていくかもしれないなぁ。ヨシナガさん、ありがとう。今後ともよろしくお願いします。

DSCN2160_640.jpg
さて、本日のメイン・イヴェント。恒例の温泉仲間の新年会。例年旧正月あたりにやっている。
今年も遠方からも名古屋近辺からも素敵な仲間たちが集まってきた。

DSCN2158_256.jpg
まずは夜の飲み会の前に、恒例の0次会企画は「飛島温泉」へ。
名古屋に住んでた時分には行くことのできないうちに施設の老朽化と採算割れがしてきたことで閉鎖されてしまった温泉施設があった。これっきり縁もなく二度と入れないかと思っていたけれど、村の施設にその源泉を引き込んでいるということで、近鉄蟹江駅で待ち合わせて4人で潜入。
アルカリ性単純温泉、循環、貯湯槽、塩素系薬剤・・・という「二度と」と言ってしまうにふさわしいスペックが書いてありながら、入浴してみると実に力強くていいお湯。もともとの源泉量も結構あるはずなので、循環はほとんど保温のためにやっている感じなのかもしれない。
やや熱めだったこともあって、ちょっとふらふらになりかけたけど、それくらい堪能したいいい湯だった。

新年会は、これまたお馴染みの沖縄料理店「守禮門」。
次から次へと料理を頼み、ずいぶんとオリオンビールも泡盛も飲んだけど、8人で飲めばこれだけ飲んで食べてもひとり4000円程度。うー、お腹いっぱい。
昔からの仲間もいれば、新しい仲間もいて、まだまだこれからも名古屋で楽しめそうだな。
お初の方、これからもよろしくです。
DSCN2161_200.jpg

この後、宿泊するむらさんはもちろん、ほかにもおじさんチームからふたり音速別荘へ連れ込んでミニ二次会。もうすっかり長い付き合いの友人同士、遠慮なくなんでも話せるのが嬉しい。
終電で帰る人、別の宿に泊まる人を見送り、隣の部屋で飲んでた地元チームと合流、僕は27時半まで飲んで語ってしまったけど、まだあと約2名、29時まで語っていたとか。
ああ、このノリ、やっぱりおじさんになってもやめられないなぁ。

安曇野で鍛えられたせいか、サラリーマン時代にはなかった変化が僕の中に生まれていることを改めて確認できた有意義な時間。だから少々身体が辛くなっても頑張って起きていようと思う。
若い子の意見をしっかり聴くことができるようになったこと。説教したいことがあっても、その前に必ず相手の意見を否定せずに全部聴けている自分を見つけて、それは本当に嬉しかった。

少なくとも、会社の論理が必要なくなると、誰でも視野は広くなってしかるべきなのだろうな。
それに気づけない人は、定年まで会社に勤め上げたとしてもその後の人生で大きな遠回りをするに違いない。もしかすると不遇の晩年を送って人生を終えることになってしまうかもしれない。

田舎に暮らし、都会とのメッセンジャーでもありたいと思う僕は、田舎に都会の論理を持ち込んで曲げない移住者は絶対に歓迎したくないと思っていたけれど、それでも彼らにもいい部分は必ずある。そこを僕らのような若僧が見つけてリスペクトすればいいのだと、改めてここで気づく。

違う価値観の持ち主にもしっかり心を開いて迎えること。それが僕ら、ひと足早く都会の企業戦士を卒業して地方から新たな価値を作り出そうとしている者たちにとって、とても重要な姿勢なのだろう。

旅をしていると、こんなことに気づく。そして自分自身が成長していることを改めて知ることができる。
だから僕は旅人、放浪者をやめられないのだ。
そんなことを寝る前にふと思う、長い漂泊の一日。
DSCN2141_160.jpg
スポンサーサイト
【2009/02/09 20:59】 | ちょっとお出かけ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<左利きの日 | ホーム | 山並みの午後、下町の夜 (名古屋へ)>>
コメント
レジャーランド廃業間際。
木曽三川公園でチューリップ見たあと温泉に行こうということになって地図で調べて。
老朽化してたわりに泉質がよく中は古いトロピカルな感じでした。

あの直後に廃業になったのか。
【2009/02/09 22:16】 URL | ふみ #-[ 編集] | page top↑
新年会、お疲れ様でした。

飛島温泉、循環ながら、本当にいい温泉でしたね。塩素も必要最低限だったのでしょうか?体の拒否反応も無かったです。

新年会は、始まりはドタバタしてすみませんでした。やっぱり都市中へ車で行くのは逆にフットワークを落としてしまいますね。
それにしても、「守禮門」は、美味しく楽しく宴会が出来ますね。(^o^)

音速別荘、マッハさんの夢に向かって邁進する姿には、恐れ入りました。
気の知れた男の仲間同士での本音の会話もいいもんですね。

若者達との会話でびっくり発言もあったけど、それをどうして行くべきなのか自分でしっかり考えているのに少し驚きとともに、気の利いたアドバイスの一つも言えない自分が少し情けなくもありました。

いつまでも旅人して、他人の意見を否定する事無く、話し合える人でありたいですね。
【2009/02/10 00:00】 URL | むら #iIR93Du6[ 編集] | page top↑
「Tribal Arts」・・・気になるお店ですね~~!!

「リトルブッダ」のグリーンカレーとチャイも美味しそうで器にも惹かれます♪

ひつじ屋にも通じる空間っていうのも
わかる気がします。。。
【2009/02/10 22:29】 URL | cyai #647wj3d.[ 編集] | page top↑
>ふみさん
レジャーランド、なんとなく「パラダイス」(by桂小枝探偵)のイメージで行ってみたかったのですが、結局行かず仕舞い。
でもあの妖しい雰囲気とは裏腹にストレートに力強い温泉は、全然違う環境で甦りました!
本来福祉施設のお風呂ということで、一般客は使えないのが当然なのに、これを時間限定ながら一般開放してくれる飛島村の心意気に感謝!


>むらさん
本当に遅くなりましたが、幹事お疲れさまでした。来年以降も恒例行事として続けて行きましょうね。来年はもう少し動きやすい態勢に僕自身を持っていって、名古屋幹事に復帰できればいいのですが・・・頑張ってみます。

それにしても夢に向かう人たちはなんでこんなに輝いているんでしょうね! 僕も刺激を受けながら、どんどん夢が膨らんでいきます。今年は少しでもそれを形にしていく年。冬の間にしっかり鋭気を養って、春にはひと花咲かせまっせ~

これからもお互い、オープンマインドなよき旅人で行きましょう。年下の旅人、夢追い人たちにはよき兄貴分であり、これから増えていくであろう団塊の世代の旅人たちにはさりげなく持ち上げながら彼らのバイタリティを吸収したり・・・そんな風に旅していきたいですね。


>cyaiさん
「Tribal Arts」、本当に素敵な空間でした。
今月末、何日か休んで店内改装するそうなので、どんな風に変化していくかも本当に楽しみ。

ビスコさん(店先の大きくて鮮やかな太陽と山の絵は彼女の作品)はもちろん、ほかにもひつじ屋なり地球宿なりに「輸入」してきたいアーティストがたくさんいるようですので、僕がつなぐ役割を担っていけたらいいなと思ってます。乞うご期待!
【2009/02/17 20:13】 URL | terra-sun(放浪中) #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/441-99afc270
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。