スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
そして、またキラキラの朝
1月10日、今日から世間は3連休。
カレンダーと自らの休日が一致しない僕も、この3日間はプライベートな予定しか入れていない。
なぜかというと、明日かあさってにはとても大事なことをしなければならないので、そのために予定をしっかり空けておこうという魂胆なのだ。
もちろんその合間にはいろいろと手を出してしまうんだけどね。

DSCN0160_800.jpg
いつものアートヒルズ下も、雪が積もって余計に空気が引き締まっている朝。落葉松に雪が積もって氷の刃のように美しくきらめく朝。
DSCN0176_800.jpg

こんな木々を見ていたら、急に大峰高原の大カエデに会いたくなって、車を北へ走らせる。
途中、シャンティクティのあたりからすっかり圧雪路面になり、滑らないように慎重に運転して、大峰高原まで登り切ってみたら、いきなり路上駐車のカメラマンの車にびっくり。夏場と同じスピードだったら間違いなくスリップして衝突してたか斜面を転落してたかと思うくらい、ヒヤヒヤもののコーナリングですり抜ける。
※真冬で誰も来ないだろうと思ったら大間違い、だから、絶対に広いところに車は停めてね。ライポくんからのお願いっ

DSCN0209_800.jpgCIMG5847_800.jpg

とにかく冬の大カエデも絵になる。片道30分以上かかる僕などはさすがに毎日通うことはできないけど、もっと近くに住んでいたらきっと毎朝通ってしまうだろう。
陶芸家の小久保朝司さん・隆司さん兄弟や山本美和さんは、このカエデの近くにアトリエと窯を構えているわけで、もしかしたら有明の森よりもずっと強いパワーがここの土には宿っているのかもしれないなんて、この伸びやかな大カエデの姿を見ていると思ってしまうのだ。

カッシーニ(初回生産限定盤)(DVD付)カッシーニ(初回生産限定盤)(DVD付)
(2008/07/16)
元ちとせ

商品詳細を見る
元ちとせの最新のアルバム「カッシーニ」のジャケ写はこの大カエデの下で撮られたのだと最近知ってちょっとびっくりした僕。確かに奥の小ぶりな木(それでもかなりの巨木)は、大カエデの隣にちょっと離れて寄り添うあのカエデと同じだ。
DSCN0199_800.jpg

昔、富良野を旅していた頃、写真家の友人に同行してよく夜明けの写真を撮りに行ったことを思い出す。
彼の被写体は「メルヘンの木」。2本のヤチダモの木がちょっと離れて寄り添うように立っている、TVドラマ「北の国から」のオープニングでもお馴染みの風景。
メルヘンの木の2本はどちらも同じような大きさで、王子様とお姫様の木と呼ばれたりもして、そこにあるだけで物語が生まれてきそうな木だった。

位置関係は似ているけれど、この大カエデと「寄り添うカエデ」は大きさが一回りも二回りも違う。のっぽのサリーと小さなチッチ、そんなイメージのカップル。(from 「小さな恋のものがたり」)
※マンガを読まない僕でも、こういう淡々とした名作は結構好きなのだ。余談ですが。

前述の富良野時代の友人とはすっかり疎遠になってしまった。元気かなぁ? 機会があれば会いたいものだけど、お互い何度も引っ越しているうちにどこにいるのかすらわからなくなってしまった。
年を取るということは、いろんなものを捨てること。

でもヨクバリな僕は、できることなら何もかも抱えたまま歩いていきたいのだ。無理なのはわかってるけど。

※※※※※※※※
さて、大峰高原名物の「面白看板」、紅葉の時期は確かなかったはずなのに・・・ またクスリと笑わせてもらいました。なんとなくほっこり幸せ、そんな気分すら。
DSCN0201_640.jpgDSCN0202_640.jpg


スポンサーサイト
【2009/01/10 22:12】 | 安曇野を歩く | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<厄除け祈願、そして今年の初映画 | ホーム | 雪降り積む日の小さなメロディ>>
コメント
雪が積もってそこに太陽があたり、とてもきれいですね~。またカエデの木を見に行きたくなりました☆☆相変わらず、大峰高原の看板は笑えますね。すごくユーモラスな方が看板ネタを考えているのでしょうね。
【2009/01/11 10:57】 URL | もっちゃん #-[ 編集] | page top↑
>masaさん
リンクありがとうございます。こちらからもリンク張らせていただきました。今後ともよろしくお願いいたします。

さて、元ちとせ嬢のことを書いたら、きっとmasaさんがコメントくださるのではと期待してました。ありがとうございます。
奄美のことは知らない僕ですが、きっと彼女の育った場所だからすごく神秘的なところなのではないかと思っていました。本当にそんな場所なんですね!
どうやらこの冬は奄美には行けそうにありませんが、そう遠くないうちにぜひ行きたいですね。
【2009/01/12 17:08】 URL | terra-sun #-[ 編集] | page top↑
>もっちゃん
そちらも雪積もったみたいですが、無事でしょうか?
冬の大峰高原へは思い切り悪路になってしまいますが、その苦労の分、霧氷の大カエデがいっそう美しく見えるのです。
ぜひお越しを。

しかし大峰高原の看板、ほんと面白いですね。池田にはユーモアのセンスのある方が多い気がします。池田町観光情報 http://shinshu.fm/MHz/06.30/ というブログがあるのですが、お役所関係の方でもすごくユーモラスな文章書くのが素敵なんですよ。
【2009/01/12 17:13】 URL | terra-sun #-[ 編集] | page top↑
大カエデといえば、
紅葉しか思い浮かばなかったですが、
冬の大カエデがこんなに幻想的な
佇まいをしているとは感激です♪

私も看板にほっこりさせて頂きました~^^
【2009/01/13 23:10】 URL | cyai #647wj3d.[ 編集] | page top↑
>cyaiさん
大カエデは僕も去年までは紅葉の時期しか見たことがなかったのですが、冬も新緑もいいということで、初めて冬の大カエデ見に行ってきました。
もっと雪の多い年なら、霧氷が輝くのがキレイだそうですが、今年は雪が少ないみたいで・・・
ただし、かなりキツイ雪道ですので、慎重に運転して見に行ってくださいね。
【2009/01/15 22:24】 URL | terra-sun #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/412-5c76e4b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。