スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
思えば今年もたくさん飛んだ
CIMG5257.jpg
12月29日朝。
いつものように朝陽の写真を撮り家に戻る途中、安曇野气船さんの熱気球が飛んでいるのを見る。冬場限定のフリーフライト。「道の駅安曇野松川」を飛び立ち、およそ40分間の早朝の空の旅。お値段は21500円と決して安くはないけれど、一生に一度はそんな贅沢をしてみたいものだと思わせてくれる素晴らしい企画。
やはり空を飛ぶ気分は何にも代えがたいものがある。

人は昔から空を目指してたくさんの努力と犠牲を払ってきたのだ。鳥類と哺乳類が進化の過程で分かれた頃から、きっと失われた空を飛ぶということに大きな夢を抱き続けた。

CIMG5241.jpgCIMG5240.jpg
折りしも今年最後じゃないかと思えるほど、後立山、白馬の山々までキレイに見渡せる朝、僕はいろいろやることが残っていながらも、ついその気球を追いかけてみたくなってしまった。
山麓線をすずむし荘の手前まで走ると、気球を既に追い越してしまっていた。右折して一気にオリンピック道路まで下り、道の駅安曇野松川に来たとき、気球はまだ南の方にいた。
高瀬橋まで下ってみると今度はまた気球を追い越していたが、ふと気球のほうを振り返れば素晴らしい背景が広がっている。
高瀬橋東詰めの堤防上に車を停められるスペースがあるので、そこから徒歩で橋の上に戻って夢中でシャッターを切る。気球は高度を調整しながら、どうやら間もなく着陸への態勢に入るような動きをしていたので、一瞬のチャンスを逃すものかと連写する。

CIMG5260.jpg
思えば今年もいろんな場所から、ここから飛べたらいいななどと空想のフライトに出たっけ。
まずはパラグライダーのテイクオフ台のある長峰山。ここは春から何度となくやってきては、向こうの山々に向かって飛び出していく心を抑えてみたり。
旅先でも飛ぶのに良さそうな場所を見つけるたびに僕はマインド・フライトに飛び立った。

鳥羽の小さな島からは、対岸まで飛んでいけそうな気がした。
京セラドーム大阪の展示ホールへ上がるエスカレーターはそのまま空に突き抜けていきそうな勢い。
横浜大さん橋からはベイブリッジを飛び越えられそう。

だけど、僕は翼を持たない。だから飛ぶことは実際にはできるはずもないのだ。

飛ぶ夢は、落ちる夢と同じくらいたくさん子どもの頃からよく見た僕。
落ちる夢は肉体的、精神的な成長期、あるいは発展途上にある状態を反映している「青春の象徴」だと言われるけれど、飛ぶ夢は欲求不満の顕れ。
特に性欲との関連性をよく語られるのだ。

ひとりに戻って三度目の冬。
そろそろ双子の魂”ツインソウル”に出会えてもいい頃なのじゃないかと期待こそしているけれど、まだ落ちる夢も見続けている僕には、飛ぶ夢を見て目覚めたとき、一気に現実に引き戻されるあの感覚が少し辛い。

CIMG5277.jpg
さて、今日は大晦日。ゆっくり一年を振り返る間もなかったこの年末、実はまだ年賀状ができていないのだ。
それも夏のパソコンクラッシュで住所録を失くしてしまい、そのうえなぜか2008年の年賀状が神隠しのように見つからないので、遅々として進まないのだ。

仕方がないので、2007年以前の年賀状から、明らかに住所変更していなさそうな人だけ住所録を作り直してみたものの、びっくりするような少ない件数しか起こせなかったのだ。
今年知り合った人については交換した名刺があるからなんとかなる。でも去年までに知り合った人で住所のわからなくなってしまった方がたくさんいるのが本当に困るのだ。

これは向こうからの到着を待って返事をするしかない。
そのうえ、元旦早々実家に呼ばれていて、届いた年賀状の現物を見るのは3日以降。
それから書いてお届けするので、遅くなってしまう失礼を深くお詫びします。

もっとも、僕は基本的に年賀状は早くても12月30日、通常は元旦の朝に投函する無礼な人間なので、また今年も遅いのかと笑ってやってくださいませ。

そして、メール添付で済ませてしまう方も多くなると思います。失礼をお許しください。

ということで、今年も残すところあと5時間。

今までの人生で一番お金のない一年だったけど、一番たくさんの素晴らしい経験をさせてもらった一年だった気がする。
そう、いうなれば二度目の青春。こんな僕が青臭い夢を語っても、みんなちゃんと聴いてくれるのが嬉しい。
それは今までの人生で築いてきたものを認めたうえで、あえて新しく困難とも思える道を選んで、それでも楽しく日々を過ごしている僕自身を、周囲の人たちはしっかり認めてくれているのだ。

だから落ちる夢も飛ぶ夢も、僕はしっかり自分を認めてやろう。そんな気持ちになる。
本当にみんなありがとう!
CIMG5326.jpg


ということで、2008年締めくくりの記事は、23時過ぎにアップします。もう一度見に来てね!うふ
スポンサーサイト
【2008/12/31 19:00】 | 安曇野を歩く | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<今年もおおきに! | ホーム | 【お願い】スパムコメント対策で>>
コメント
 今年一年、色々あったけれど、終わりよければ全て良し、かな?
 私も、これから年賀状出す所です。
 また来年も、あなたに会えると嬉しいです。
 きっと、ツインソウルには、出会った瞬間に、びびっと来て、わかるんだと思いますよ。
 ではでは。(^^)/
【2008/12/31 23:29】 URL | 三月 #EuKQ8jXA[ 編集] | page top↑
>三月さん
ありがとう!終わりよければすべてよし。それでいきましょう。
年賀状、結局今夜中には無理ということで諦めました。松の内には届けたいなぁ・・・と大幅トーンダウン。
ツインソウル、本当にびびびとわかるのかなぁ・・・気の多い僕は、ちょっとしたしぐさやなんかでびびびと来てしまうので、本物を判別する感性を磨いておかなくては。
とにかくお互い来年はもっと自分を大事に、信じていきましょう。そうすればきっと道はいくらでも開けてくるはず。
来年もよろしくね。
【2008/12/31 23:36】 URL | terra-sun #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/400-5d5d048b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。