スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
頑固であればこそ
CIMG5158.jpgCIMG5157.jpg
CIMG5173.jpgCIMG5172.jpg
CIMG5180.jpgCIMG5181.jpg
CIMG5184.jpgCIMG5185.jpg
CIMG5193.jpgCIMG5192.jpg
CIMG5205.jpgCIMG5206.jpg
CIMG5220.jpgCIMG5219.jpg
CIMG5225.jpg
12月29日の日の出と、その光を浴びて刻一刻と色を変える常念岳。(堀金烏川にて)

阪神タイガース岡田彰布前監督の著書「頑固力~ブレないリーダー哲学」(角川SSC新書)という本が、野球関連の本としてはまれに見るベストセラーになっている。
僕もこの本を探して安曇野市内はもちろん松本まで、さらには出かけたついでに都内でも書店を歩き回ってしまったほどだった。まぁ、阪神ファンの少ない信州では入荷部数も少ないのは当然だけど、阪神ファンが今や巨人ファンより多いのではと言われる多摩地区でも軒並み売り切れ。やっとのことで探しはじめて2週間目でようやく手に入れたほどだった。

2時間ほどで読み終えてしまう本だけど、そこには恐らく「日本で一番ストレスの大きな職業」のひとつである阪神タイガース監督という職業で彼が大きな成功を収めた哲学がしっかり語られており、下手な自己啓発書よりも僕には語りかけてくるものが多かったのだ。
まずは僕を虎キチへの道へ導いてくれた父にこの本を読んでもらうよう、実家に置いてきたほどだ。

信念を持つこと、そしてその軸足からブレることなく毅然と行動すること。
オカダの一番の持ち味であり、ある意味「つまらない」などと言われることもあったその采配は、世紀のV逸の結末を迎えることになった10.3首位決戦の最後に藤川球児をマウンドに送ったシーンがすべてを物語っていた。
そしてその球児が打たれて悔し涙の幕切れになってしまったことに、僕らはオカダの信念の頑固さを信じ、納得するしかなかった。憎き讀賣に負けたことは本当に悔しいけど、悔し涙が枯れる前に僕はオカダと彼を信じて頑張った選手たちに心からの拍手を送っていた。

僕もそれなりに年齢を重ね、さまざまな経験をしてきた中で、これだけは誰に何を言われようと揺らぐことのない信念をそれなりに築いてきた。
基本的にお調子者で一緒にいる相手に気持ちよく過ごしてもらいたいというサービス精神旺盛な僕だから、ちょっとしたことで揺らいでなびいてしまうように思われがちだし、「変わっていくこと」をむしろ楽しんでいるかのように見えるほどの進取の気性の持ち主だと見られることも多いけど、一番根底にある部分では何一つ揺らぐことはない。
そう、僕もかなりの「頑固力」の持ち主なのだと自負しているのだ。

一時はそのアイデンティティが崩壊するほどまでに追い詰められ、心身の不調に悩まされた時期も長かった。
だけどこの2年ほど、安曇野の地に根を下ろしてからは、周囲に「傾聴すること」に長けた人が多かったこともあって、僕はしっかり自信を取り戻していけたのだ。
そして、僕のベースにある頑固なまでに堅い信念は、よりいっそう磨かれていったようだ。

昨日、ちょっと僕の頑固さのおかげで、もしかしたら一緒に飲んで語った初対面の方の気分を害してしまったかなぁとちょっと反省しているけれど、その人は最後には僕のことをしっかり「利害関係抜きにお友達になれたら」などと評価してくださったことに心から感謝。
そう、僕のブレない信念を評価してもらえたのだ。
こんな出会いもあった素敵なライヴ&パーティを主催してくださったチャーリーさん&タミコさんに感謝。

もちろん頑固な基盤があるからこそ、柔軟な僕でいられるのは間違いない。
僕自身、自分の思考原理をひとことで言うと「物事を感覚的にインプットして論理的にアウトプットする」となる。右脳でとらえて左脳で行動する「うさ男」。情にもろいが理論家のうさ男。

 (参考)うさうさ脳診断  http://www.nimaigai.com/pc/usausa/shindan/index.php
スポンサーサイト
【2008/12/29 10:43】 | log | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<【お願い】スパムコメント対策で | ホーム | 雪が上がった翌日は>>
コメント
綺麗ですよね~~~!!

東山から登る朝日と
それにともなってオレンジ色に輝く常念岳との対比の写真ありがとうございます~~^^

私もほぼこのような朝日の風景の中、目覚めていますが、
とても寒くて写真を撮りに外に出る勇気がありません~~!!

こうして刻々とした変化を見せていただき、
感謝です~^^

リンクありがとうございました~~^^

【2008/12/29 23:56】 URL | cyai #Ns1ppC52[ 編集] | page top↑
モルゲンロードいいね。
昔、白馬に泊まっていた時に
朝早く起きて撮りに行った事
思い出しました。
今すんでいるところだと山が
東にあるので無理ですが
山が赤く染まっていく様子が
非常に印象深く思っています。
【2008/12/30 19:36】 URL | まさ #-[ 編集] | page top↑
>cyaiさん
朝焼けの写真を撮ることで、この年末は完全オフの日であっても6時起きの規則正しい生活ができています。やっぱり朝の太陽の光の持つパワーは、何にも変えがたいものですね。
だからこの年末が天気がよくて助かってます。

今の僕は太陽のパワーが欲しいので、太陽の写真ばかり撮ってますが、もう少し落ち着いていたらきっとあまのじゃくに光線の角度でどんどん色を変えていく北アルプスを撮り続けてることでしょう。それくらいピンクからオレンジ、そして白へと色を変えていく山々は美しいのです。

ぜひ部屋の中からでもそんな景色を眺めてくださいね。
【2008/12/31 19:29】 URL | terra-sun #-[ 編集] | page top↑
>まさくん
ああ、白馬の日々、懐かしや。
さすがにあっちまで写真撮りには行ってないけど、うちのすぐ近くから白馬の山までしっかり見渡せる日がこのところ多かったので、あの頃近くにいた人たちのことをときどき思ってみたり。

そちらもキレイな朝陽眺められますか?
【2008/12/31 19:31】 URL | terra-sun #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/399-43930024
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。