スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
東京は夜の7時
12月13日。
アンダーシャツ(Tシャツ)の替えを持たずに来てしまったので、朝一でユニクロへ。どうせ忘れたなら、昨年来非常に重宝しているヒートテックの半袖Tシャツを買い足してしまおうと思っていたのだけど、前日に寄った店ではまったく品切れ、今日寄った別の店でも黒しか売っておらず。
安いのに機能的には申し分のないこのヒートテックが、都会でも大人気だというのには寒冷地の人間としてはびっくりだ。

CIMG4146.jpg
そのまま東京駅へ直行、エコプロダクツ2008への時間つぶしを兼ねて、相田みつを美術館へ。ちょうど10月に出たいわさきちひろの絵とのコラボで作られた本「みんなほんもの」の発刊を記念して、「ちひろ&みつをギャラリー展」というのをやっていたので、興味深く見る。
みつを meets ちひろ。ともに子どもを愛したふたりのアーティスト、非常に面白く共鳴し、シナジー効果を見せてくれていた。この本、1冊手元に置いておきたいと思ったけど、これから荷物が増えるに違いない展示会なので、帰ってから買うことに。

そこで僕ははたと気がついた。みつをさんのような味のある字は書けないけれど、言葉ならいろいろ書ける。そうやって書いているうちに、僕だって僕らしい味わいの字がきっと書けるはず。
そう思って、またもアナログを僕の中に取り戻していこうと思った。
9月に炭師・原伸介さんたちと訪ねた美濃和紙会館(今、「三ノ輪しか行かん」と変換した!爆笑)で、ふと思ったこととシンクロして、これは僕もやり方次第で面白いことが詩と書の世界でできそうな気がしてきたのだ。

その気になれば、きっとなんでもできるのだ。それが売れるか売れないかは別として。
楽しくやっているのが伝わるだけでも、そんな素晴らしいことはない。


CIMG4162.jpgCIMG4166.jpg
CIMG4165.jpgCIMG4159.jpg

新橋に出て、ゆりかもめに乗り換えて東京ビッグサイトへ。エコプロダクツ2008に参加する。
到着が遅くなり、そのまま12時スタートのOrange Pekoeのミニライブへ。さすがにこういうイベントでのフリーライブということで、ふたりを目当てに来る人はあまりいなかったようで、ふとこういうライブには場違いそうなグレーの背広のおじさんがノリノリで手拍子という姿に微笑ましくもなる。
「丁寧に作られたものを大事にしよう」 MCで語ったナガシマトモコ(Vo)の言葉が僕の今の生き方にとても通じて大いに共感。そんな生き方こそ、エコの基本アプローチのひとつなのだろう。誰もがそれに気づいたところで大量生産大量消費、資源の無駄遣いゴミたくさんという文化も終焉を迎えるはずだ。僕はそんな人間の可能性に期待したい。

CIMG4148.jpg
続いて、自転車ツーキニスト疋田智&自転車好きのボサノヴァシンガー小泉ニロのトークライブ。予告どおりニロさんが2曲歌う。そのうち1曲は「Daydream Believer」、清志郎さんも歌ったモンキーズの60年代のヒット曲のボサノヴァ・アレンジ。自転車好きの人はこの歌を好むのかもしれないと、疋田さんもニロさんも笑う。

CIMG4173.jpg
さらには、ネパール人シンガーソングライターbobinのミニライブ。
亜熱帯の森林再生を担うFSC認証制度の話に絡めて、彼の発した「少ないもので最大限の満足を得ることがエコ」というメッセージもとても心に響く。

いろんなブースを見て回り、来年の僕のガイド稼業へのいいヒントがいくつも見つかっただけでも僕には満足のいくイベントだった。
来年は参加するかどうかわからないけど、きっとエコロジカルな暮らし、生き方を志向する人にとっては何かのヒントが見つかるはずだろう。反面教師的な出展者も残念ながらあるのも事実だし、マニアックすぎてわからない展示もある。また土曜日は子供連れモードにシフトしてしまっているブースも多く、これは平日に見に来たほうが参加企業のエコに関するメッセージをよりわかったような気もしないでもない。


その後、レインボーブリッジの向こうに見える美しい満月を見ながら、蒲田へ移動。パソコン通信時代の温泉フォーラムの仲間たちとの忘年会だ。もう10年以上の付き合いの友人たち。純粋に趣味を通じて知り合い、誰もが温泉に一家言もつような12人が集まった。
東京は夜の7時、餃子とビールと語りと笑いの美味い夜。
気心の知れた仲間だけに、とても楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、終電で実家に戻る。
また来年も彼らとは何度となく飲むことだろう。


12月14日
午前様帰りの翌朝はしっかりと朝寝坊。
CIMG4204.jpg
実家のパソコンのバックアップをして、昼過ぎにひょこひょこと実家近くの美術館へ。多摩地区ゆかりの若いアーティストたちの色彩あふれる展覧会「トゥルーカラーズ~色をめぐる冒険」を見る。
素晴らしい感性の躍動感に、しばし時間を忘れて感動する。

夜の高速バスで安曇野に戻ったのが21時過ぎ。東京はやっぱり妙にぬくぬくしていて、安曇野の氷点下の寒さが身にしみる夜。雲に滲む月の光が美しい夜。
CIMG4207.jpg
スポンサーサイト
【2008/12/17 21:03】 | ちょっとお出かけ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<白鳥たちの季節 | ホーム | 今日も誰かの誕生日>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/391-c33cf340
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。