スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
夜空のフェイスマーク : )
昨日、東京から帰ってきて、なんとなくまっすぐ家に帰りたくなくて夕暮れ時の光城山へ車を走らせる。
残念ながら雲が広がって夕暮れ空に浮かぶ山々をはっきりと望むことはできなかったけれども、ふたつの惑星と細い月の姿がとても印象に残った。
CIMG3407.jpg

帰ってちょっと調べてみると、接近して見えた惑星は金星と木星。このふたつの惑星はおよそ年に1度のペースで接近して見えるそうだが、実際に肉眼で観察することが可能な状況はそうあるものではないそうだ。
今回最接近するのが12月1日の夕方、18時ごろ。つまり、今日の夕方のことだった。
そしてそこにとても大きなおまけがひとつ。三日月がこのふたつの惑星に近づき、あたかも顔文字のような見え方をするのだという。

日中、外仕事で冷え切った身体を温泉で暖めてから、真っ暗になった畑へ出かけてみた。
すると、期待通り、夜空に見事なフェイスマークが光っているではないか!
CIMG3540.jpg
なんとも素晴らしい夜空のレビュー。こんな組み合わせで見られるのはもしかしたら何百年に一度ということなのかもしれない。思わず息を飲み、手を合わせる。

新約聖書に記された「ベツレヘムの星」の物語は、金星と木星が接近して見えたことがその物語の源になっているという説がある。なるほど、このふたつのひときわ明るい星がこんなにも近くに見えるということには、言葉には簡単にできない神々しさがあると、信心のない僕でも思えてしまう。

街の明かりが少なく、星が美しいこの地。都会ではまず見られない天の川もはっきり見えたり、夜道を車で走っていても北斗七星やオリオン座が道しるべになったりする。
その中でもこのふたつの惑星と三日月は、ほかのどんな星や夜景よりもずっと輝いていた。

2009年12月1日。二度とないスマイリーな夜に乾杯。
スポンサーサイト
【2008/12/01 22:44】 | log | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<山の美しい小春の日々 | ホーム | 駆け足で名古屋へ>>
コメント
こんなにはっきり見れたんですね~~!!

昨日はうっかり見逃して、
今日見たら、全然違ってました。。。

二度とないスマイリーな夜の写真を
見せてくれてありがと~~!!
【2008/12/02 23:21】 URL | cyai #647wj3d.[ 編集] | page top↑
>cyaiさん
一昨日は最高の天気、ふたつの星もとても明るくて、市街地でもとてもキレイに見えていました。
この写真は車の屋根にデジカメを置いて、セルフタイマーでシャッターを押す際の手ブレを防止したうえで、シャッタースピードを1秒ほどで撮りました。三脚があれば、もっと長いシャッタースピードで鮮明に撮れたのですが・・・
今日もまだこの3者の競演は続いていました。昨日はひっくり返すと「しかめっ面」になっていましたが、今日はそろそろ顔には見えなくなってきています。明日はどんな風になるでしょうか、楽しみですね。
【2008/12/03 23:07】 URL | terra-sun(nanook) #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/380-4ce8f6d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。