スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ありがとう!岡田っ
悔しい、本当に悔しいけれど、球児が打たれての負けなら素直に負けと認められる・・・そんな風に今年のタイガースの試合は全部終わった。2008年10月20日。就任から5年、岡田彰布監督の最後の試合がその瞬間に終わった。

1980年、僕は中学1年生だった。
同じ年、岡田彰布はタイガースに入団し、1年目からレギュラーをもぎ取る大活躍ぶりに僕にとってのヒーローになった。

1985年、僕は高校3年生だった。
受験勉強そっちのけで20年ぶりのタイガースの快進撃に夢中になった。忘れもしない巨人戦のバックスクリーン3連発。バース、掛布に続き、その3発目を放ったのが岡田だった。
タイガースはそのまま日本一になった。その翌年、僕は大学受験に失敗する。

そんな生き様が僕の青春とリンクする、だから常に意識してきた、そんな選手だった。

とにかく誰からも愛された選手だった。豪快な長打に華麗な守備(足は速くないけど、決してドン臭くなくてうまかった)、つまり華があるプレースタイルなのに、藤山寛美を思わせる関西のお笑い芸人の風貌で、ものすごく親しみ深い印象。そらそうよ、大阪の下町、玉造商店街で育った生粋の大阪人、誰よりもタイガースを愛して、有力なタイガースの後援者だった父とのつながりで子どもの頃からタイガースの選手との交流があったそうだ。タイガースのプレイヤーとなることが宿命づけられてきて、それを6球団(だったっけ?)競合のドラフト指名の抽選でタイガース入団となる強運の持ち主でもあった。

でも選手としての終わりはあまりに不遇だった。
でっち上げられたスキャンダルに見舞われて一度はタイガースを追われた。
だけれども、移籍先のオリックス・ブルーウェーブで経験を積んで1998年、二軍コーチとしてタイガースに戻ってきた。
そのとき、僕は関東を離れる決心をしていた。

その後、二軍監督、闘将星野のもとでの一軍守備走塁コーチ、そして2004年からタイガース監督。
タイガースが常勝軍団としての力を蓄えていく時期、僕は人生で一番落ち込んだ時期だったけど、タイガースの勝利が僕の生きていく力になってくれた。

世紀のV逸と言われた今シーズンの失速。ダメ虎時代も欠かさず応援してきた僕でも、さすがにこの失速ぶりには業を煮やした。僕がいろんな場面で悩めば悩むほどタイガースが負ける気がして、無理に作り笑顔で乗り切ってきた8月から昨日、10月20日まで。
辛かった。本当に辛かった。作り笑顔をすることも辛かったし、本当の自分との乖離が起こることに大きな違和感や絶望感を覚えながら頑張るしかなかった。

正直、昨日、負けて僕自身楽になる気がした。これでよかったのだと。
願わくば、好敵手ドラゴンズを破り、憎き巨人を倒して日本シリーズへ、そして、再び悲願の日本一へと突き進んで欲しかったけど、なんとなくこれでよかったのだと思ってしまったのはここだけの話。
岡田と心中する人生と違うねんて、そう強がってみたけど、でも彼の野球人生と僕の実人生がここまでリンクしていると、本当に他人とは思えないくらいなのだから。
そう、彼が楽に生きていられるならば、きっと僕ももっともっと肩の力を抜いて生きていけるに違いない。だから、これでよかったのだと思いたくもあったのだ。

でも昨日、クライマックスシリーズ第1ステージでの敗退が決まっても、京セラドームに集まった3万人以上のタイガースファンは誰一人席を立つことなく、「オカダ」コールを続け、予定になかった胴上げを演出したのには涙が止まらなかった。
そりゃあ僕だってもっと強いタイガースであって欲しかったから、悪口はずいぶん言った。でも僕はこのチームを愛してたし、岡田も大好きだった。たぶんみんな同じ思いだったんだろうから、そんな展開に自然になっていったんだろうな。悔し涙の別れじゃ本当に寂しい。だから少しでも花を持たせたい、そんな思いがあふれていた。

そう、監督としてもとても愛された人やってんな。
ありがとう、岡田さん。ホンマにおおきに、ありがとう。

次期監督が真弓さんでほぼ決定のようだけど、1985年V戦士としての結束の固さと、後輩であれ素直に岡田監督をリスペクトしていた彼の真摯さがあればこそ、きっともっと強いタイガースになっていくはずだ。
もちろん、憎まれるほど強いタイガースではなくて、どこかもろくて頼りないところもあって欲しい。そういう危なっかしさがあるからこそ、僕は阪神ファンをやめられないのだ。

そう、それでええんや。
とにもかくにもお疲れ様。充電を終えたら数年後には再びタテジマに袖を通して、きっとグラウンドに帰ってきてくれると信じています。岡田監督、夢をありがとう。

P.S.
WBC日本代表監督に岡田ってのもありかなぁと。一番現役監督に近いフリーな立場の指導者ということでは。星野SDとの確執も前々から噂されていたけれど、ここは男星野には自信をもって岡田監督を推薦してもらえないかなぁとひそかに思っている僕なのだ。
スポンサーサイト
【2008/10/21 23:31】 | 輝くわが名ぞ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<えーん(;o;) | ホーム | 第37回新行そば祭り(2) ヨコテ屋>>
コメント
そしてお疲れ様でした。

マイミクさんに虎ファンが多くって、類は友を呼んでます。
同じ楽団にも虎ファンがいて、タイガースはすぐ諦めちゃう!!と嘆いてました。
これからは選手の意識を変えていかなければいけませんね。

次は真弓だとか噂されてますがどうなるか。
来年こそは!!!!!!
【2008/10/22 23:47】 URL | ふみ #-[ 編集] | page top↑
>ふみさん
巨人ファン天国の信州ですが、僕の周りにはなぜかアンチ巨人ファンが多いです。移住者の多いコミュニティにいたりするからかもしれないけど、とにかく強いものに巻かれるのだけは御免、わが道をどんなに貧乏しても進んでいくんだという人が多いので、僕もそれに引っ張られて怪しい人になりつつあります。

真弓新監督、正式要請ありましたね。受諾の方向だということで、楽しみです。岡田路線の「守りの野球」を継承しつつ、脅威の核弾頭として培ってきた攻撃力と機動力を高めていけば、きっと最高のチームになるはず。
球団合併問題がなかったら、近鉄の監督になってたであろう指導力の持ち主で、クールさと熱さを兼ね備えているあたり、今までのタイガースにないタイプの監督になってくれるんじゃないかなと期待してます。
【2008/10/24 21:44】 URL | nanook.azumino(terra-sun) #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/289-b9c49495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。