スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
強く美しい野生
CIMG0740.jpg
この写真の蝶、詳しくない僕は図鑑があっても同定できないのだけど、たぶんコヒョウモンかヒョウモン蝶の部類に入るものだと思う。中部地方の高原ではどこにでもいる蝶なので、僕はそれほど珍しいとは思わない。でもときどきハッとする美しさを見せることがあるので、気がつくとカメラを向けていることもよくある。
だけどこの蝶、右の前翅の一部が欠けている。何があったのだろうか。
少なくとも僕の畑の中でもいろいろと危険はある。たとえばトマトやつる性の植物を這わせるための麻縄に引っかかると、この薄い翅など失われるかもしれない。
あるいは夏休みの自由研究課題として子どもたちにいじくられてしまったか。

でも、彼女はしっかり着実に飛んでいる。ときに葉の上で翅を休めつつ、花から花へ飛び回っている姿に、僕は感謝。人工授粉しなくてもしっかりズッキーニの実が成長しているのは彼女たちのおかげなのだ。
自然はときとして残酷なものだけど、それが自然の摂理である以上僕らは素直に受け入れるしかない。だけど、そんな中でもけなげに生きる小さな命たち。都会暮らしでは邪魔者の虫たちも、ここではとても愛おしい。

CIMG0736.jpgCIMG0737.jpg
久しぶりに晴れた朝、筋雲の美しさはもうすっかり秋。
さあ8月もラストスパート。

スポンサーサイト
【2008/08/27 23:55】 | log | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<泣く空には勝てない・・・ | ホーム | 湯治2日目、白骨温泉&乗鞍天峰の湯>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/265-5f3fbc13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
野生のオカピ、コンゴで初めて写真撮影に成功
アフリカ中部コンゴ(旧ザイール)で、絶滅が危惧(きぐ)されている野性のオカピの姿が初めて撮影された。ロンドン動物学協会(ZSL)が11日明らかにした。 部分的にシマウマのような模様を持ち、キリンのような黒い舌を持つオカピは、コンゴ東部の森林地帯に生息す... ニュースヘッドライン【2008/09/13 12:04】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。