スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
湯治2日目、白骨温泉&乗鞍天峰の湯
今日は曇り空だけど、雨は降らずに済みそうな朝。昨日の夜更かしと疲れもあって思い切り寝坊してしまったけれど、また今日も「温泉博士」の無料クーポンでの湯治に行こうと思う。雨が降らないのなら、露天風呂もいいもの。だから目的地は白骨温泉「泡の湯」へロックオン。
それにしても泡の湯旅館、このような無料クーポンとは無縁のお高くとまった高級旅館だと思っていたが、粋な計らいに感謝。混浴の大露天風呂が有名だけれども、何度も書くけど、僕はここの内湯の泡つきのよさが大好きなのだ。もちろん露天風呂でのんびりというのも好きだけど、混んでいるときはまったく落ち着かないので温まらないのに、入浴料が800円と高いのにもかかわらずすぐに内湯に逃げ込んでしまう僕。いつぞや露出癖のあると思しき妙齢のお姉さまが、本来なら素っ裸で入っていても透けて見えることのない濁り方をしているお湯なのに、わざわざ僕に見えるように微妙な動きを目の前でしてきたのが実はトラウマになっているのだ。助平なのに、不自然なことには大きな拒絶反応を見せてしまう、大胆な小心者の僕なのだ。
(もちろん、その場の雰囲気にごく自然に裸体を見せてくれる女性は大歓迎だけど。爆)
今日はそんなことはなく、落ち着いて露天風呂でぼーっとすることもできたけどね。
やっぱり内湯のぬるぬるの泡つきに一番癒された。お湯の中で抵抗をつけながら、右足の機能回復訓練もまた楽し。

その後、休暇村乗鞍高原の温泉「天峰の湯」へ。こちらも「温泉博士」で無料なり。
ここは今年の冬にホワイトアウトになる猛吹雪の中、入浴してきた思い出がある。そのときも結構空いていた記憶があるけど、今回もなんと広い大浴場&露天風呂を貸切状態でのんびり入浴。
乗鞍高原のお湯といえば、湯川源泉の酸性の硫黄泉をすぐに思い浮かべるけれど、この新しい源泉は鉄分を多く含んだ重曹泉。専用の蛇口から飲泉もできるが、やや発泡したのは飲みやすいけど鉄臭くて決しておいしくはない。
CIMG0734.jpgCIMG0727.jpg
残念ながら湯量がそれほど多くないので、浴槽は循環。でも空いている時間だったからか、塩素臭はまったくせず、お湯もぬるめにしてあって、本当にリラックスして歌のひとつやふたつ出てきてしまうほどの気持ちよさだった。
何よりもアメニティがしっかりそろっているのは素晴らしい。シャンプー、リンスも高級品だったし、女性の喜びそうな天然素材の洗顔料なども備え付けてあったり、そして、休暇村という子供づれを想定した施設だけあって、子供用のおもちゃのついた洗い椅子があったり、脱衣所にはベビーベッドがあったり、そういった心遣いもアメイジンぐーっ

帰り道、狭いトンネルの中で事故があったようで、国道158号線はまったく動かなくなってしまった。1時間弱かかってその渋滞を抜けて帰りクタクタになったので、穂高に帰ってまたお湯につかってしまったのはここだけの話。


引き続き皆さまへお願いです。
ケータイを北アルプス山中に落として全アドレスを紛失してから早や1週間とちょっと。
今後ともこんな情けない僕とお付き合いしてくださってもいいよという心優しいお方がいらっしゃいましたら、ケータイにメールくださいませ。(電話番号もそこに記入してくださると嬉しいです。)

まだ20名ほどしか復旧できていません。うひゃぁ、長期戦覚悟だな。みんな忙しいのかな?
スポンサーサイト
【2008/08/26 23:59】 | ほっこり温泉 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
<<強く美しい野生 | ホーム | ギプス取れました。>>
コメント
こんばんは、むらです。

足のギブス、早くとれて良かったですね。
温泉効果で早く完治するといいですね。

9月の初めにここを訪れる予定です。
先週は、ムササビさんも行かれた様です。
みなさん、温泉博士活用されてますね。
【2008/08/27 21:26】 URL | むら #iIR93Du6[ 編集] | page top↑
>むらさん
安曇野に来て、特にこの数ヶ月は一気に若返った僕なので、この程度の怪我なら回復は早いものです。今日は時間が取れず地元の温泉にすら行けませんでしたが、近所を少しずつ歩いてリハビリ始めてます。
温泉博士、どんどんとエリアが広がってますね。甲信越でもずいぶんと毎号対象施設が増えていて嬉しいです。
ぜひ来月は、楽しんでいってくださいね。9月の声を聞けば、土日でも泡の湯もそれほど混まないでしょうし、休暇村乗鞍高原は昼間の早い時間なら空いてますから。
【2008/08/28 00:40】 URL | nanook.azumino(terra-sun) #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/264-aaa944cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
泡の湯
周囲を山々に囲まれた人里離れた場所にあり、乳白色の湯として全国的にその名を知られた温泉地です。その昔から「白骨の湯に三日入ると三年は風邪をひかない」と言い伝えられています。近隣には景勝地・上高地や、高原リゾーとして人気のある乗鞍高原があり、四季を通して... 温泉生活【2008/08/27 09:23】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。