スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ギプス取れました。
(これは25日分の記事です。昨日アップできず、すみません。)

思わぬ負傷から1週間、固定したおかげで捻挫の回復はかなり早く、予定通り今朝ギプスを外していいことに。その代わり、かなり強力なサポーターでの患部の固定を続けることになった。
これで自由に動き回れる。前後の動きは特に問題なくやっていいそうだけど、内側にひねりの入る動作はまだ厳禁。1週間動かさなかった関節のこりをまずはほぐさなければならず、一日何回か足の運動。

でも、軽くなった分、僕はどこかに行きたくなる。まずは普段行かない車1時間圏内の温泉へ行こうと思う。雑誌「温泉博士」の今月の無料入浴クーポンの使えるところが、僕のちょっと足を伸ばせば行ける圏内に4軒も掲載されていて、これは行かない手はないということで、昔、開業したばかりの頃はよく行ってた「ぽかぽかランド美麻」へ。
有明山麓から山麓線、県道長野大町線をひた走りおよそ45分で到着。夏道ならこんなに近かったんだと改めて思う。スノーフリークだった僕は、ここには冬しか行ったことがないのだ。
でも近所の友人の蕎麦屋さん「ふじもり」さんは、ここより手前からとは言え毎日通ってきてるんだもんなぁ。夏道は快適でも、冬は雪深く厳しい道。
CIMG0720.jpgもう開業から15年以上を経て、施設はだいぶくたびれてきたような気がする。そのうえ、相変わらず露天風呂はとても塩素臭いし。懐かしさだけではきっともう行かないだろうなぁーというのが残念。
でも、強烈な水圧のエステバス(ジェットバス)には、久しぶりながらやみつきになりそうな不思議な快感があったのはちょっとした収穫。しっかり手すりにつかまっていないと飛んでいってしまいそうなほど。別の比喩を使うなら、よしもと新喜劇の桑原「和子」ばあちゃんの「おチチ」なら一回転して背中で結ばってしまいそうな強烈さ。そう、土曜のお昼にテレビをつけてもよしもと新喜劇をやっていない場所での生活も早や2年目に突入。一抹の寂しさはありながらも、ときどきそんな風に思い出す。
CIMG0719.jpgCIMG0722.jpg
写真左は「蕎麦ソフト」。蕎麦の村、美麻らしい一品だけど、残念ながら蕎麦の風味はあまり感じられず。右は美麻の蕎麦畑の風景。すっかり満開の花。あと少しで新蕎麦の時期だ。

その後、サポーターに洗い替えが必要と思って松本まで走り回るが、市販のもので同じサイズのものがなかったので、徒労に終わってしまった。ギプス取れた当日の走行距離100km超。ちょっとハードだったかも。おかげで26日朝は珍しく朝寝坊、10時を過ぎて朝食をとっているありさまなのだ。
スポンサーサイト
【2008/08/26 10:21】 | log | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<湯治2日目、白骨温泉&乗鞍天峰の湯 | ホーム | 8/22は休載としました>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/263-4c514651
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。