スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
花火の音にさそわれて
夕方になって急に入った荷物配達&自転車回収。自転車を軽トラに積み込んでいると、その宿に泊まっているバイクの旅人たちが明日の天気の心配をしている。そして今夜もペルセウス座流星群は期待薄だと。本当なら旅人の僕はその輪に入っていきたいのだけど、あくまで今日の僕は「出入り業者」。観光業とは、あくまでもゲストが主役で僕らが出しゃばるものじゃない。でも何かを訊ねられたら的確な答えをもってゲストたちを満足させることができる、そういう商売なのだ。
彼らの会話とは裏腹に、この1週間ほど、毎日雷・大雨などの警報・注意報が出るにもかかわらず、穂高はほとんど雨が降らない。降っても本当にポツポツと土の表面が濡れる程度。昨夜は諏訪から塩尻峠あたりで2時間で100mm近く降るゲリラ雷雨だったそうだけど、ほんの40kmも離れていない安曇野は降水量ゼロ。そのうえ、最高気温34度で最低気温が19度というような一日の中での気温差の激しいところなので、いじめられるとよりおいしくなる野菜や果実が甘いのは当然のことなのだ。
それにしてもうちの畑も水不足。レンズ豆は半分以上枯れてしまった。また来年頑張ろう。

さて、夜になって、花火の音が西山の斜面に響き渡る。あ、そうか、今夜は高瀬川花火大会だ。安曇野市の北隣の池田町と松川村の共催による花火大会。小規模ながら町に近いところで上がるし、結構遠くからも見渡せるので、いたるところに車が止まって花火を見る人の数。
僕もちょっと買い物に出たはずが、気がつけば音の鳴るほうへ車を走らせていた。ずいぶん遠回りな買い物だけど、これでいいのだ。

CIMG0517.jpgCIMG0522.jpg
写真は松川村中心部の住宅街の中で。屋根の向こうにこんなに大きな花が咲く、なかなかの大迫力だ。
そして、本来の目的に戻って豊科へ。平安堂で本を見るが決め手に欠けて立ち読みで終わり。その足でサティに行くと、食品売り場でまさちゃん&なおさん夫妻にバッタリ。「てらさんかなぁと思ったけど、なんだか背中に疲労の色が漂ってて声をかけづらかった」と言われてしまった。ああ、僕って外面はよくていつもにこにこしているようだけど、一人でいるとどうしても体調やら気分やらが表に出てしまうようだ。
親しい人たちの中でも僕を深く理解してくれる人には、かなり僕が無理をしても笑顔でいることを見て、「もっと自分を大切にしよう」と言ってくれる。でも、周囲の人たちへの感謝の気持ちを簡単に示せるのが笑顔だと信じて疑わないような人間なのだ。
今はやりの「説明書本」で、「O型」と「ひとりっ子」両方を今度ゆっくり見てみようかな。たぶん当たっていると思う。

サティのあたりからも花火はしっかり見えるのだけど、駐車場に出たときには既に終わっていた。そして頭の中を大好きな声の新進シンガーソングライター榎本くるみ嬢の出世作「打ち上げ花火」が繰り返し流れてくる。そういえば一昨年、この曲がリリースされた直後、各地の夏の花火大会ではテーマソング的に流されていたのを思い出す。そしてPVにはまだ無名だった貫地谷しほりが出演していたり、実は結構隠れたヒットだったのだけど。

♪キラキラ輝く打ち上げ花火 夏の空に浮かぶ笑顔
 消えない輝きを探していけると あなたのそばでそっと祈った♪
♪キラキラ輝く打ち上げ花火 夏の空に浮かぶ笑顔
 消えゆく輝きも赦していけると あなたのそばで強く誓った♪

・・・今日は一人でこの花火を見たけれど、このふたつのフレーズになんだか共感する今日この頃。
お盆が過ぎれば一気に秋になっていく安曇野。一番忙しいこの1週間だけど、心をしっかり開いて、いろんな人や風景に出会い共感し、そして同じように頑張っている大切な人たちを想って頑張っていこうという思いを、この歌詞に重ね合わせてみる花火の夜。

明日は第2回安曇野大花火大会。そして明後日はごみゼロプロジェクトとしても会場のごみ拾いに参加する予定。たぶん明日の花火はうちの畑あたりで一人で缶ビールを飲みながら見ることになるんじゃないかなぁ。
スポンサーサイト
【2008/08/13 23:05】 | 安曇野を歩く | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<この夏、一番忙しい一日 | ホーム | 天ぷら饅頭・補足編(その1) 、そして、嘆きの・・・>>
コメント
 ちょっと前に、レンズ豆入り夏野菜カレーを作りました。
 枯れてしまった分は残念だけれど、レンズ豆、美味しいね。また、作ってね!
【2008/08/15 01:38】 URL | 三月 夜紫会 #EuKQ8jXA[ 編集] | page top↑
>三月 夜紫会 さん
レンズ豆、結構イタリアンとかカレーとかで使われているし、マクロビオティック食材としても重宝されているのに、日本じゃどこで生産されているのかと疑問に思ってました。
気候的に安曇野ぐらい乾燥気味で夏はそれなりに暑くなるところの方がいいのは間違いないようなので、来年は頑張ってうちの農業収入の柱のひとつにできたらと思います。ぜひ僕の作ったレンズ豆を来年は食べてね。
【2008/08/27 10:06】 URL | nanook.azumino(terra-sun) #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/255-c4fe3465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。