スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
きみはなぜこんなところで・・・
CIMG0362.jpg

ある朝、畑に出ようと車に乗り込むと、ダッシュボードの上に小さな甲虫(カブトムシじゃなくて、コウチュウ)が腹を丸出しにして倒れていた。パッと見、セミの抜け殻かと思ったけれど、小さいながらもずしりとした重さのその物体は、見事なまでに起こりたての死後硬直を見せていた。
僕は虫には詳しくないので、それがどんな種類の何という虫なのかはわからなかったけれど、黒光りする硬い背中を持ったその虫が仰向けになって命を落としているということは、よほどのことがこの車の中であったのだろう。
エアコンを基本的につけない僕は、停車中もある程度は窓を開けておく。防犯上まったく問題のなさそうな場所(たとえば畑のあぜ道とか)では窓を全開にして放置してしまう。車内温度を上げないようにする工夫。

だけど、全開の窓からいろんな虫や、時には鳥まで迷い込んでくることもある。一度、ハンドルの上に真っ白な鳥の糞がしてあって、びっくりしたこともある。
入り込んだはいいけれど自宅の駐車場に夜置いておく間は窓を密閉してしまう僕なので、この甲虫は恐らく迷い込んだ暗い車内から出ようとあがいたものの出ることが叶わず、結果として命を落とすことになってしまったようだ。

自然の中に暮らすということは、自らも自然の一部になっていることを実感すること。
常日頃行われているさまざまな自然の営みが、僕の車の小宇宙の中でもしっかり息づいていることを、改めて実感した朝。
スポンサーサイト
【2008/08/05 06:34】 | log | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<旅立ちの季節 | ホーム | 穂高の一番熱い日(第9回YOSAKOI安曇野)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/247-71d50925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。