スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
たのむわぁ~
今夜も名古屋泊。A市のとある市民事業のイベント当日まであと3週間とちょっと。サラリーマン時代とは違う揉まれ方で少し成長している自分がわかる。
前回のワークショップまでと違い、今日は自分の方向性を見定めて、自信を持ってその場に臨んだ。おかげで前回までにはなかったいい感じの信頼感が市民の皆さんとの間に生まれているのがよくわかった。
そう、くすぶっていた頃の僕に足りなかったのは、そんな満足につながる自信。こんなちょっとした転機から、本当の僕を取り戻していけそうだ。

今回は宿を取らずに名古屋入り。明日朝、A市のイベント会場になる場所を見に行き、ランチは地ビールを飲みながら・・・と思っていたので、できればA市内に泊まりたかったが、さすがにトヨタ系列企業の頑張っている町、当日電話しても僕の出せる範囲の値段の宿はあいてなかった。
やむなく名古屋に戻り、以前にも何度か利用したことのある名駅の居心地のいいカプセルホテルに泊まることに。これだけ居住性のいいカプセルホテルはほかには知らないけれど、疲れて思うように動かなくなっている体を休めるにはこれくらいの設備がなくてはいけない。
元気だったら、前回もらってきた招待券でサウナの休憩室に泊まってもよかったのだけど、今の僕にはちょっと無理だ。

ちょっと小腹がすいたので、階下の居酒屋へ。せせりのポン酢和えでホッピーを飲む。
せせりはおいしかった。最近なかなか食することのできない部位で、通販で取り寄せないと家では食べられないけれど、たまにこうやって外食する夜に出会えると嬉しい旨さだ。
ただ、許せなかったのがホッピーの出し方。あくまでノンアルコール・ドリンクとしてホッピーを出していたので「大丈夫かなぁ」と思っていたけれど、麦焼酎と一緒にオーダーすると案の定、氷をいっぱいに入れたグラスに入った焼酎と、ホッピーの瓶が出されてきた。
をいをい、これぢゃあ正しいホッピーの注ぎ方ができないではないか!
CIMG4633.jpg

たのむわぁ~

すっかり使うことのなくなっていた名古屋弁が無意識に口から出るのには我ながら苦笑。
仕方ないな、名古屋に長いこと暮らしていたんだもの。つい2ヶ月前まで名古屋でよなよな飲み歩いていたんだもの。

でも名古屋は住んでいてもアウェイ感の拭えなかった街。ましてや離れてしまった今は推して知るべきかな。そんな場所なのにな。
やっぱりいつの間にかこの街を愛していた自分に気づく。

離れても大好きだよ、名古屋のみんな。
スポンサーサイト
【2007/09/05 00:39】 | 大好きなお酒たち | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<今日は昼ビール | ホーム | 種まき>>
コメント
わはは、きっついなぁ~、それ(苦笑)。
まずは焼酎を減らすところからスタートですか。
つうか、個人的にはホッピーを原液で(焼酎で割らずに)飲んでも、美味しいとは言いがたいと思うのですが…ノンアルコール・ドリンクとして出しちゃうのですねぇ。
【2007/09/05 22:57】 URL | ナミ #9zg/Yc.g[ 編集] | page top↑
ナミさん。
ホッピー、やっぱり原液だけじゃおいしくないですよね。アルコールだけじゃない何かが足りない。
焼酎も麦じゃなければなんか違うカクテルです。氷が入ってしまったらもうダメ。香りが全部飛び去ってしまいます。
実はホッピーのうまさを知ったのはごく最近、名古屋のとある立ち飲みバーで。まぁ、某大手メーカーの生よりはうまいかなという程度なのですが。
やはり瓶を逆さにして一気にグラスに注ぎ込むのが流儀ですね。そこで立つ香りがいいという人も多いです。(繰り返しですが、僕はそこで香りが逃げるからもったいないと思うので、ようやらんのですが。)
ちなみにホッピービバレッジさんではちゃんとアルコール発酵して醸造したビール(赤坂ビール、深大寺ビール)も造っていて、しっかりとしたラガー・スタイルで結構いけてます。たぶんJBFには出品してこないと思いますが、どこかで見かけたらぜひ試してみてくださいね。
【2007/09/06 22:37】 URL | nanook.azumino #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/24-3089dfb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。