スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
そして、夏がはじまる
朝、穂高駅前でレンタサイクルとカフェのお店を営む友人から電話。「人手が足りないからちょっと手伝いに来て欲しい」と。
早速、軽トラに自転車を積んで、仲良しの宿、「シャロムヒュッテ」と「穂高養生園」へ自転車を届けたり、自転車のメンテナンスをしたり、そんな風に気持ちよく汗をかいていたら、「梅雨明け」の一報がウェザーニューズからのメールで届く。
3連休の始まりとともに名実共に2008年の夏がはじまる。朝から電車が穂高駅に着くたびに吐き出される人の波。そう、僕の町は観光地なのだ。
当然観光関連の仕事に従事している友人も何人もいて、ネイチャーガイドの看板を揚げたくせに営業活動をしている暇がなくて今年の夏は開店休業のつもりだった僕にもそんな姿を見かねたのか、前述の友人、「ひつじ屋」オーナーの高橋さんが声をかけてくれたのには嬉しかったのだ。
これから僕が環境教育をベースにしたNPOをいずれ立ち上げていくに当たり、安曇野のよろず案内所「コンシェルジェ」的存在の「ひつじ屋」さんとコラボレーションしていけるのは大きなプラス要素になる。うちの自然な野菜も作り手としての僕から直接お客様へHand to Handで売っていくことができるのも嬉しいし。
ほかにも自転車の配達やお客様の荷物運びなどの外回りをしながら、観光に携わる人たちとの新たな強い絆を築いていけたら嬉しいな。そして、彼ら彼女らにも僕にもWin-Winな形で新しいスタイルのネイチャーツーリズムをつくりあげていきたいと思う。

これから夏の間、忙しい週末やお盆時期を中心に、僕もときどきひつじ屋臨時スタッフとして頑張ります。
安曇野へお越しの際は、ぜひ穂高駅前「ひつじ屋」へお立ち寄りください。

そして、夏がはじまる。きみのいない8月。(有賀啓雄「そして、夏がはじまる」)
僕にとっては、きみも僕もしっかり存在している7月後半、そして8月。
スポンサーサイト
【2008/07/19 16:01】 | log | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<そーれいけいけ、甲子園(7/11関西日記その2) | ホーム | Rainbow>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/233-685b8eed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。