スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
いまさらながら、初音ミク。
知る人ぞ知るシンガーソングライター(目指せ!安曇野のバート・バカラック)の僕だけど、実は初音ミクでブレイクする前からVOCALOIDシリーズには大きな興味を持っていたのを、いまさらながらカミングアウトします。

というのも、僕自身日ごろのトレーニングで、ある程度までの高さなら女性ヴォーカルの声域までファルセットで出せるようになってはいるものの、所詮裏声は裏声。実際に女性シンガーに歌ってもらうことを考えてデモを作る際に、VOCALOIDの力を借りるとよりいっそうイメージしやすくなるというだけのこと。
ただ、普段DTM(DeskTopMusic)で使っているのがフリーソフト中心、唯一の販売ソフトも1万円そこそこのものなので、VOCALOID第一世代の「MEIKO」(シンガーソングライター拝郷メイコさんの声を再現)が2万円以上していたのにはとても手が出ずそのままになっているうちに、この初音ミク・ブームがやってきたわけで。
ただ、ミクの声はいわゆる萌え系のハイトーン。僕が得意なしっとりとした歌を歌わせるにはまったくもって向かないという大きな問題点がある。もちろんそのトーンゆえにあれだけヒットしたのは間違いないのだけど。(その点、MEIKOは発音技術にやや問題があるものの、歌唱力はすばらしい。でもまだ高い。)
値段的にも楽天での最安値が1万3千円台ということで手の届きやすいものだし、DTMソフトを使い慣れた人間にはその操作性はまったく違和感を感じさせないというものなので、興味がないわけではない。
とはいえ、ひねくれ者の僕には、これだけ流行ってしまうと手にする気にもなれなくなってしまう。

それでも誰かミクにしっとりとしたバラードを歌わせていないかと、今日、暇に任せてYouTubeをチェックしていたのだけど。
残念ながら短時間では見つけられなかったけど、代わりにメチャおもろいものを見つけてしまって大爆笑。
それは、関西人なら誰でも知ってるちょっと怪しいCMソングを歌わせているものだった。
今のところ発見したのは「京橋グランシャトー」、「はぎや整形」、「関西電気保安協会」、「黄桜」、「ロート製薬」(この2つは全国区ですが関西企業)、「よみうりテレビのエンディング」(これは和声学的にもかなり素晴らしい出来だった!)、そして「スジャータ」。(あ、これは関西ちゃうねんな)
個人的には今は亡き「パルナス」の歌を歌わせてみたいものだけど。(妄爆)

関西出身ではない僕が知ってるいうのも変な話やな。
ところで全然関係ないけれど、誰か動画の倍速再生(当然音声も倍速分上がって聞こえる)をPC上でできるソフト知りませんか? まだ一度も見たことのない「京橋グランシャトー」の15秒バージョンを見てみたいのだ。(何しろ、もともと30秒の尺で作っていたCMを倍速再生で15秒の枠に収めたという恐ろしい代物なのだけど、いくら探しても動画がどこにもアップされてないのだ。)

京橋はええとこだっせ、グランシャトーがおまっせ。
スポンサーサイト
【2008/03/31 23:59】 | 田園音楽生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<終了しました:【宣伝】エイプリルフール高齢企画 | ホーム | やったで!開幕3連勝。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/215-5d4b4f9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。