スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
当たってしまった!
今年も旅をしながらライヴをたくさん見ようと思っているのだけど、このところ先行予約の抽選販売に連戦連勝中の勢いに乗って、絶対当たらないだろうと思っていた「佐藤竹善 presents Cross Your Fingers Vol.12」(5月4日、大阪フェスティバルホール)まで当選してしまった!
Sing Like Talkingのファンクラブ会員でもかなり当選率が低いと言われ、一般発売では即完売というプラチナ・チケット。だめモトで申し込んでいたのに当たってしまうとは・・・折りしも地元は「塩の道祭り」の開催期間中。スケジュール調整に嬉しい悲鳴を上げることになりそうだ。

このライヴ、僕はずっとずっと見たくてたまらなかった。毎年、竹善さんが親交のあるアーティストや期待のニューカマーを集めて行ってきて今年で12回目。ここからメジャーになったアーティストは数知れず。
まだ人気が出る以前のコブクロやSkoop on Somebody、風味堂、馬場俊英、akikoなど、このCross Your Fingersから火がついたと言ってもいいだろう。ごく最近では、岡野宏典、さかいゆうが去年メジャーデビューを果たしたし、毎年意外な大物(去年は原田芳雄が「りんご追分」を歌った!)が登場したりして、とても楽しそうなライヴなのだ。
盟友・塩谷哲さんのピアノを中心に据えたアコースティックながら独特のグルーヴ感を持ったライヴの雰囲気は、佐藤竹善&フレンズ名義の「Introducing Cross Your Fingers」という2枚のライヴアルバムからも伝わってきて、僕にとっては毎年見に行きたいライヴの筆頭に挙がっていたのだ。

今年はどんなゲストが登場するのだろう。楽しみにしながらその日を待とう。

塩の道祭り、4日は白馬村での開催。9km歩いてから信州まつもと空港に車を走らせて、伊丹に飛ぶこともちょっと考えてしまう。
今年からGW期間中もマイルの特典航空券が使えるようになったし、4月からは松本~伊丹なら往復12000マイルで済むようになるのは大きなアドバンテージ。ただし、去年事故が多発したボンバルディアのプロペラ機なのでかなりびびっているし、ドイツに飛ぶために今までがんばってマイルを貯めてきたのをあとちょっとのところで使うのも躊躇するので、結局往復高速バス利用で塩の道祭りは3日の小谷村か5日の大町市での開催に参加することで妥協しそうな気配。それも大阪便ではなく、渋滞の影響の少なくて済む名古屋便を使っての移動の可能性大だ。
本当なら京都あたりで2,3日のんびりしてくるのも手なのだけど、GWの京都の混雑はたまらないし、ましてや農作業(GWは信州では夏野菜の苗の植え付け適期だ)も待ってくれないから、帰りは夜行かなぁ。(1月に土岐麻子嬢のライヴに行ったのと同じパターンか。)

結局、酒蔵への復帰は果たせなかった。一緒に働いてきた人たちが頑張って前倒しでやってきたので、明日で作業終了とのこと。せめて後片付けだけでも戻りたかったけど、仕方がない。
でもこれで新しい仕事を早めに探すことができるのはかえってよかったと思うことにしよう。
ついでに今朝から猛烈に鼻水が出ている。喉も痛いし寒気もするからたぶん風邪をひいてしまったのだと思うけど、花粉+黄砂のダブルパンチでアレルギーが出てしまった可能性も捨てきれず。
花粉症というほどひどい症状は今まで出たことがなく、花粉のシーズン中に2,3日ちょっと鼻かぜのような感じでということはあってもすぐに治っていただけに、もしこれが花粉症デビューだったらどうしよう・・・

楽しいことも苦しいこともなんだか悩ましい春分1日前。これからは昼の時間の方がながくなる。しっかりお日様の光を浴びて元気になりたいけど、明日も夕方まで雨の予報。
だけどこの時期の一雨は、大地に命をはぐくむものなのだ。
スポンサーサイト
【2008/03/19 23:57】 | 田園音楽生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<休載のお知らせ | ホーム | 福寿草咲き乱れ・・・>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/206-bbe13585
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。