スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
上山田温泉「かめ乃湯」
この記事を皮切りに、この半年ほどの間に訪ねた信州各地の温泉について訪問記&レビューを少しずつ書いていきます。(特にネタ切れの日は・・・)
昨日も書いたとおり、近いうちにホームページを再立ち上げしますので、そのコンテンツのひとつとして温泉をたくさん紹介していく予定なりよ。(ここに書いたものを再構成して掲載予定)


信州では歴史のある温泉地と思われがちな「戸倉上山田温泉」。しかしその歴史はまだ100年ほどしかない(明治36(1903)年開湯)と聞いてびっくりするほど、戸倉・上山田といえば素晴らしい温泉が湧いている町として僕らの頭の中には刷り込まれている。

中でもこの「かめ乃湯」は、千曲川の左岸にあたる上山田温泉の「大湯」(北陸なら「総湯」となる)としての歴史を誇る公衆浴場。昨年リニューアルしたばかりの清潔感漂う施設ながら、その豊富な温泉資源をしっかり有効利用していて、全浴槽が掛け流しという素晴らしい力強さを感じるお湯だ。
CIMG7520.jpgCIMG7514.jpgCIMG7515.jpg

泉質は単純硫黄泉。心地よい、程よい硫黄臭が浴室全体に漂っている。肌触りは非常にまろやか。内湯では湯の花を除去しているようだけど、露天風呂に1つだけある一人用の陶器風呂は源泉がそのまま掛け流されていて、小さな白い湯の花がたっぷりと浮かんでいるのが素晴らしい。
その場で湧いているお湯ではあるけれど、泉温が42度弱とちょうど適温のため、普段は何も加えずそのままのお湯を楽しむことができるのは嬉しい。(冬場は若干ボイラー加温して、浴用適温を保っている。)

リニューアルしてからは大人気のこの施設、休日や平日でも夕方はかなりの混雑となるようだ。前述の陶器風呂などは順番待ちが出るほどだとか。
幸い僕が訪ねたのは平日の昼食時。露天風呂は一時貸切状態となり、しっかり写真を撮ることができたのはラッキーだった。
地元の人の社交場であり、同時に観光客にもしっかり開かれた新しいタイプの共同湯。
ただ、一見客には銭湯のマナーもわからない輩がいて、僕も非常に腹立たしかった。いい歳したおっさんのくせに僕の私物の入浴セットを勝手に持っていって使おうとした奴。観光用の何でも揃った温泉施設ではないことを承知のうえで、あくまでも温泉の恵みを地元の人たちと分かち合おうという思いを持って出直して来いと言いたくなりそうだった。
共同湯にはシャンプー、石鹸はないのが普通なのだ。それは都会の銭湯だって同じこと。少なくとも、旅先の温泉で共同湯に入るならば、タオルと石鹸ぐらいは持参して欲しいものだ。(これはこの記事を読んで下さっている皆さんへもお願い。)

上山田の温泉街には意外と面白そうな飲食店があって、今度はゆっくり食べ歩きつつ温泉も楽しむような旅をしたいと思った。本場インド流のカレーの店、パスタとプリンを売りにしたカフェ、さらには昔ながらの大衆食堂まで。古い温泉街だけあって(歓楽色は少ないが)、飲み屋も多い。
そしてこの地の名物、おしぼりうどん。これは温かい手打ちうどんを大根のしぼり汁の入ったたれでいただくものだ。信州、それも更科の本場といえば蕎麦だけど、いい地粉の産地でもあり、うどんもなかなかいけるのだ。

上山田温泉 湯元 かめ乃湯
 長野県千曲市上山田温泉1-27-11  Tel:026-276-4664
 泉質:単純硫黄温泉(アルカリ性低張性温泉)、泉温:41.6度、pH:8.6、湧出量:113L/分
 入浴料:大人(12歳以上)350円、中人(小学生)150円、小人(3~5歳)70円 (市外者料金)
 営業時間: 10:00~23:00(入場は22:30まで) 定休日:毎月16日、末日
スポンサーサイト
【2008/03/14 23:16】 | ほっこり温泉 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<失せ物、出たぁ! | ホーム | 扉温泉 桧の湯へ>>
コメント
上山田のかめ乃湯、露天風呂もあって どれだけでも入っていれますよね。いいお湯だし。

おしぼりうどん「古波久」ですよね。他にもあるのかな?
醤油豆とおしぼりうどん が上山田の思い出です。
料理も温泉もGOOD!!
男性には遊ぶところもあるし、いい温泉街なんでしょうね。女性は、遊びきれない雰囲気があるけど。
【2008/03/16 23:11】 URL | tako #-[ 編集] | page top↑
戸倉・上山田の共同浴場はどこもハズレなしですね!どこも掛け流しで力強いし。強すぎてハシゴ湯は結構厳しいものがあります。

おしぼりうどん、「古波久」が一番有名ですが、ほかにも何軒も食べられる店ありますよ。そもそも上山田の隣町、坂城町がもともとの発祥の地だそうで、あのあたりではメジャーな食べ方です。
醤油豆は信州ではどこでも食べられますよ。冬場はスーパーでも売ってるぐらいですから。
畑に余裕があったら、大豆から作って自家製の味噌、醤油も作ってみたいものだけど、今年は無理かなぁ。大豆になる前に枝豆で食べてしまうので・・・
【2008/03/17 22:08】 URL | nanook.azumino #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/201-deca1ea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。