スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
哀悼の記~Take Me Out to the Ballgame
加藤博一さん死去。享年56歳。

昨年末の島野育夫コーチに続き、タイガースOBで僕が大好きだった往年の名プレーヤーが亡くなった。
折りしも今朝、ロッテの清水直行投手の奥様が亡くなったという、自分よりも若い人が小さな子を残して逝くという悲しいニュースを知ったばかりで、野球関係者の早すぎる死がこのところ本当に痛ましくて泣けてくる。

僕にとっての加藤さんの思い出。
小学生のときに神宮球場にヤクルト-阪神戦を観にいったのが、僕にとっての初めてのプロ野球観戦だったと思う。そのとき、確か代打でレフト前(ちょうど僕が見ていた芝生席の前)にクリーンヒットを打った後、華麗に盗塁を決めた。その裏の守備は僕の目の前のレフトについて、「かと~!」って大声で声援したら手を振ってくれたのが一番の思い出だ。
もともと父が阪神ファンだったこともあって、阪神は好きなチームだったけど、そんな加藤さんの姿に「虎キチ」と言われるほどにまでのファンになったうえに、僕も少しでも速く走れるようになりたいと思ったのだ。
その後、大洋ホエールズ(現、横浜ベイスターズ)に移籍してしまったときは本当に寂しかった。(まぁ、そのとき交換トレードでやってきた長崎啓二外野手は首位打者になって、ダメ虎時代に光を差し込んでくれたのだけど。ちなみに長崎さんは今は民主党で政治家に転身。惜しくも前回の参院選では落選したけれど。)
でも、ホエールズでは「スーパーカートリオ」の一員として走る野球の面白さを教えてくれた。だから横浜スタジアムに行くのは敵地ながら楽しみだった。
引退後、解説者としてのその明るいキャラクターには、疲れて仕事から帰ってきて「プロ野球ニュース」を見るのが僕にとっては本当に楽しみだったのだ。どんなにタイガースが弱くても。

一時はがんを克服してテレビにも復帰していたけど、転移していて勝つことはできなかったのが本当に残念でならない。

今頃天国で島野コーチと野球談義でもされているのではないだろうか。

ちゃーさん(「加藤」姓と明るいキャラクターから、ナインやファンから「加ト茶」にかけてそう呼ばれて親しまれたのだ)、本当に今までありがとうございました。あなたのおかげで野球が心から好きになった少年は、中年の域に差しかかる今でも野球をこよなく愛しています。そして今年もシーズンインが楽しみでなりません。
心からご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト
【2008/01/22 01:15】 | ニュースから | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<計画的衝動買い | ホーム | 風邪をひいても>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/153-74d94a45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。