スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Amazing Grace
本来ならもっと早くから苗づくりをして、これから秋のシーズンを迎えるべきなのだけど、今年は苗をつくる時間もなかったので、今日は「綿半」へ石灰と牛糞を買いに行くついでにキャベツと白菜の苗を買ってくる。1本48円を合わせて10本ほど。
キャベツは基本的に自家消費なので、これから時期をずらしながら十数本植えていく予定だ。なにしろ学生時代、キャベツお代わりし放題のトンカツ屋で、切り置きしてあったキャベツを仲間うちで全部食べきってしまったという武勇伝のある人間なので、キャベツは年中必要なのだ。
もっとも少しでも付加価値のつくように、今年は赤キャベツしか作っていないのだけど。
白菜は自宅でキムチを漬けるためだけなので、今年は必要最小限しか作らない予定。ただ、冬場のお客さんが増えそうなら、鍋用にこれから秋にかけて増産体制をとるかもしれないが、こちらもキャベツ同様自家消費のみ。
じゃ、何で食べているのか?・・・と言われそうだけど、おいおい売れそうなものを見つけていくだけのことだ。余れば当然売りに出すわけだし。今年はお金にならなくてもいい。これからの自分のあり方を見つける期間なのだから。
儲からなくても、必要最小限の贅沢ができればいい。第3のビールではなく、キリン・ハートランドを週に3回飲める生活なら、病的にまでビール好きの僕でもなんとかやっていけるわけだから。

今日は夕陽に浮かぶ山々がとても綺麗だった。一昨日の雨で洗われた空気は健在、そのうえ予想に反して昨日も今日も酷暑日にはならずに済んだこともあり、気持ちの面で余裕があったのだろう。
後立山連峰の姿は、血の混じった墨で描いた絵のようだった。有明山のまわりの空も美しい。

Amazing Grace がこの地にはある。

CIMG4171.jpg
CIMG4169.jpg

これから秋が深まるにつれて、もっといい風景に出会える時期。
楽しみながらいろいろやっていこう。
スポンサーサイト
【2007/08/25 23:02】 | 農的生活日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<やっと歩いた | ホーム | 惨状・わが畑の場合>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/13-e64dbbad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。