スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
師走、新酒の搾りまでカウントダウンへ。
一日お休みをいただいてしまったけれど、あかぎれも日ごろのケアが奏功してそれほど痛まずに乗り切れている。さすがに消毒用のアルコール(原液に近い濃度)はしみて痛いのだけど。
ということで、いよいよ師走に突入。今月からもう1人造り手が増えるので、月に2回ぐらいは交代で休めることになりそうだ。もっともそのうち1回は通院で半日費やしてしまい、スキーなんてできそうにないけれど。でもおいしいラーメンを探して松本平・安曇野を走り回ることもできる。
シーズン券を買ったサンアルピナ鹿島槍スキー場も昨日からリフトが動きだした。人工雪で増やしているとはいえ、先週の雪はメインゲレンデのある標高1100mあたりの山々がみな雪化粧しているからかなり天然雪も入っているはずだ。ナイター営業しているかどうか確認できたら、今週中に早速足慣らしに滑りに行きたいものだけど、10年以上愛用していたストックが曲がってしまったので引越しの際に処分してしまって手元になく、給料が出たら新しいのを通販で取り寄せようかな。さすがに夏山用のストックではもったいなくて使えないからなぁ。
数年前までは山スキーをやる僕らだけが使っていた伸縮式のストックが、今はアルペンスキーの世界でも浸透してきて安くなったので、ちょっと物色してみよう。

さて、師走というといよいよ今月中旬には新酒の搾りが始まる。今日は搾った残りの酒粕を貯めておくタンクの掃除を開始した。片付け、掃除の部類が得意じゃないO型の僕だけど、仕事となればしっかりやらなければいけない。思えば小学生のとき以来にたくさん掃除をしている。ちょっと手が空くとすぐに掃除をしている。古くからの僕(特に旅のドミトリーの僕のスペースの乱れ方を知っている人たち)には本当にびっくりされるに違いない。
ただ、ちょっとした汚れを残しておくだけでも酒の品質には大きな影響が出る。どちらかというと昔ながらの手造りを守り、基本的な酒質は淡麗ながらも華やかな香りよりも旨みを重視した造りをしているだけに、ほんの少しのミステイクが大きな味の変化を呼んでしまうのだ。それくらい繊細な酒なのだ。

職安から「就業手当」支給の通知が届く。日額1700円弱。これが最低4ヶ月支給されるのは本当に助かる。これから現金収入を得るために季節雇用を繰り返すことになる僕なので、立ち上げようとしている環境関連のネットワークや地域SNS(mixiの地域版と言う感じのもの)がNPOの認証を受けるまではずっと職安のお世話になることになりそうだ。NPOの作り方の実務・税務・その他について書かれた本を買ったもののまだ読む時間が取れていないけど、情熱があればきっとなんとかなるはずだからと結構悠長に構えているのだけど・・・

さあ、今年も残り1ヶ月。離婚調停に始まり、離職、引越し、そして今までとはまったく畑違いの仕事に就くまで激動の1年だったけれど、泣いても笑ってもあと1ヶ月。
ちぇすと!(鹿児島弁で気合を入れるときなどに叫ぶ言葉です。)
スポンサーサイト
【2007/12/02 21:22】 | 新米蔵人日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<凹んでる場合じゃないさ、初搾りまであと6日 | ホーム | 本日休載(ネット接続不具合のため)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/113-6b118795
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。