スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
暑い。とにかく暑い。~安曇野通信第一便
暑い。とにかく暑い。
それほど長くない眠りから目が覚めても、その暑さのパンチは強烈過ぎて起き上がることができない。

安曇野で暮らす最初の夏。年に1,2回は酷暑日(35℃以上)のある松本平なので、それなりに覚悟はしていたが、二日酔いの朝にはこれはとても辛かった。
もっとも本来なら二日酔いになるような量は飲んでいなかった。引っ越しの疲れ、慣れない土地で始めた新しい生活へのプレッシャーなのだろうか。


僕が安曇野に暮らすことになった理由や経緯は追々話していこうと思う。
でも都会のペースにはもうついていけないのだという現状認識がここにはあったのは間違いないとだけ言っておこうか。

夕暮れ。適度なピンクに染まる東の空の雲の美しさは筆舌しがたいものがある。ほんの数分でその色は消えてしまうその刹那さに、僕は魅せられているのかもしれない。
だから、今日は写真を撮る間もなかった。綺麗だと思ってデジカメを取りに行って戻ってきたときには、その綺麗さは半減期を迎えていたのだ。


はじめまして。安曇野新住民として、これから見たもの感じたものを少しずつここに書いていきたいと思う。
何よりもこんな美しい風景の中に暮らせることを僕は幸せだと思うのだ。そんな思いを皆さんにおすそ分けして、少しでも何かを感じていただけたら幸いだ。

僕は愚直にも美しいものを美しいと、綺麗なものを綺麗だと、そして、普段の生活の中で感じた喜怒哀楽を皆さんに伝えたい。

ということで、これにて安曇野通信第一便を終わります。
スポンサーサイト
【2007/08/11 01:10】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<もうひとつの旅立ち、新月の日に | ホーム |
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nanook0707.blog109.fc2.com/tb.php/1-c6a7b238
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。