スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
あれから15年。そしてまた・・・
DSCN6371_1600_256.jpgつとめての 雲海上空 気球舞う

今年もまた1月17日がやってきた。
毎年同じようなことを書くのも申し訳ないので、今年思ったことをひとこと。

地震はこの地球上、いや、日本という小さな島国だけに限っても毎日どこかで起こっているもの。
だから、ここで暮らす以上はそのリスクから逃れることはできない。

でも、心構えと工夫次第で、落とさなくてもいい生命をしっかり守ることができるはずだ。

地震のような天災に限らず、常に生命の危険と隣り合わせの趣味を持ってきた僕だけど、
正直言っていざというときに何もできないかもしれない。

だからこそ、現実を直視して、できることはやっていこう。
それが生き延びてきた者の使命なのだ。


先日のハイチの大地震のことは、僕らも心が痛んでいる。
失われた生命は15年前の日本の震災の40倍もの人数になるかもしれないとの情報まである。

さっき、「Lotus Cafe」に寄ったら、チャーリー宮本さんから「安曇野のミュージシャンたちで支援コンサートをやったらどうだろうか?」と声をかけられた。
もちろん僕は二つ返事で「やりましょう。いや、やらなきゃいけないと思います。」と答えた。

そう、音楽には国境はない。
人が音を楽しむことは、グローバルに普遍的なことなのだ。
苦しいときも辛いときも。

こういうときこそ、チャーリーさんの掲げる「国境なき音楽団」の旗がますますもって生きるのだ。

歌が、音楽が、人々の勇気になる。
その勇気は、人と人をつなぎ、いくつもの命をつないでいく力になる。
僕らはそう信じている。

Love & Peace.


公演詳細決定次第、このblogでもお知らせします。
スポンサーサイト
【2010/01/17 23:39】 | ひとこと日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
不完全燃焼
泣く子とおてんとさまには勝てない。

結局11日間休みなしの日々をなんとか乗り切ろうと頑張ったのだけど、最後の最後で強い雨で仕事にならず。どうせならしっかりやり遂げた達成感を持ってこの11日間を締めくくりたかったけど、不完全燃焼で毒ガス発生中の今。

いつもの僕なら一緒に楽しめる場所に、足を踏み込んだだけで圧倒されてしまったし、温泉で体をほぐすつもりが逆に疲れが一気に噴出してしまい、夕方からさっきまで寝込んでいたし。

泣く子とおてんとさまには勝てない、これはどんなに強い気持ちを持ったところで変わることのない真理なのかもしれない。

この連休、楽しんだ皆さんも、頑張った皆さんも、とにかくお疲れさま。

まずはしっかり休んで、明日からまた頑張ろう。
【2009/05/07 00:08】 | ひとこと日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
結局、3月終了。
テンパった状態は結局3月末日まで続いてしまった。
今日は年度末ゆえに来年度に持ち越したくないことをすべてなんとか片付けようとしたが、先方不在で1件持ち越しになってしまったり。
温泉三昧日記も結局書けなかった。明日は天気も悪く、少しは暇ができそうなので、明日にでも書こうか。でも明日は何を書いても嘘になってしまう日。特に僕は毎年ワルノリしてしまうヤツなのだけど、今年は特に細工はしないつもり。mixiのプロフィールも嘘で並べることは今年はしないつもりなりよ。

いよいよ明日から4月。
なんだか大きなことが僕の中で動き始めた3月が終わるのはちょっと寂しいけど、4月は間違いなくその流れは続いていくはずだ。

2009年春。僕は今年も遅れてきた青春を過ごす。
【2009/03/31 22:21】 | ひとこと日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
一日が30時間欲しいよー
DSCN3025_800.jpg雪の中の碌山美術館(3/27)

春。まだ雪も降ったりする安曇野だけど、この時期はいろいろなものが動き出す時期。

毎年この時期思うこと、それは
 1日が30時間あればいいのに・・・
自分のキャパシティ以上にやるべきことが集中する日がここ数日続いていて、それと同時にやたらと眠くて。
毎日あと6時間あれば、睡眠時間も増やせるし、ゆっくり考える時間も持てるし、ベースの練習だってできるのに。

でもそれは所詮無理な話。

まだまだ24時間をうまく使っていかなければいけない時期。
これを乗り越えれば、グリーンシーズンに突入だ。ゆるりゆらりとがんばろー。

ということで、このblogまで手が回らないことへの「言い訳」でした。
3月中に3月の温泉三昧は書き上げたいなぁ。雄町、もとい、お待ちくだされー
【2009/03/29 05:52】 | ひとこと日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
思いっきりバーンアウト
グラン・ビエール2009終了後、まったく執筆できず申し訳ございません。

思えば高校時代に文化祭の実行委員をやってからかれこれ20ン年、この手のイベントは裏方が一番楽しいと信じて疑わない僕。
それも大好きなものを扱うイベントとなれば、嫌でも熱が入って、無事に成功させて余韻から覚めるころにはすっかり「バーンアウト症候群」に陥ってしまう。
まぁ、体力的にかなり限界に近いところまでやってしまうので、解放された翌日はまず1日使い物にならない。
今回は半日寝込んだだけで済んだ。しかし時を同じくして襲来した「黄砂」にすっかりやられてしまい、くしゃみが止まらないこの3日間。まったく中国ってところは・・・スギやヒノキには反応しない僕でも、黄砂の中に含まれる有害化学物質にはやっぱり体調を崩してしまう。

それでも一昨日、昨日と、充電のために温泉とおいしいものを求めてのんびり近場の日帰り旅。
気がつくととんでもない移動距離になっていたけど、本当にいい充電になった。

さぁ、今日から本格再始動。
明日は村上ゆきさんのライブで東京日帰りというのもあるけれど、次なる企画を立ち上げたり、日常業務を再開したり、平常モードに戻しているところ。
先延ばしにしていた農作業計画も、この3連休中に作り上げなくては。

今回の経験を通じ、僕は自分自身の立ち位置をはっきり見出したような気がする。
一番大きな役割は、やはり「人と人」、「地方と都会」、「人と自然」、「食と農」をつなぐ立場なんだと改めて認識した今、僕はこれから常にそれをアタマに置いて考え、行動し、そして新たな価値を地方から創り出していこうと、安曇野に流れ着いてきたときに抱いた初心に立ち返ることができたようだ。

新たな展開に乞うご期待。

※この間に個人的にいろいろお伝えしたい方もいらっしゃいましたが、メール書いている時間がなくて、お待たせしてゴメンナサイ。順次ご連絡、あるいはメールなり差し上げます。

※グラン・ビエールのこと、リチャージの旅のこと、そして台風なな号旅日記など、ネタもたくさん。これからどんどん書いていきまっせ。

【2009/03/19 11:10】 | ひとこと日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
この冬初の、やってしまった・・・
今朝の我が家の外温度計は、最低気温のメモリーが氷点下10.9度まで下がっていた。どうりで寒さで目が覚めるわけだ。
寝室の最低気温はとりあえずプラス。それでも寒くてときどきファンヒーターに点火しながら上げてこうなのだから。

DSCN0476_200.jpgDSCN0483_200.jpg
・・・と思って体調が少し復活してきたので、今朝はしっかり食べられるだろうと、ご飯を炊くことから始めようとすると、なんと、一晩浸漬させておいた玄米の入ったボールが凍結してるではないか!人気のないキッチンは氷点下3度ぐらいまで下がってしまってたようだ。

おまけにキッチンの水道はしっかり室内部分で凍結してしまっている。せっかく外で凍結防止帯をしっかり巻いてもこんなことになるとは。やはりそろそろ本気で断熱のことを考えなければならないのかも。ここでこれからも暮らしていくのだから。

まぁ、浴室の水道がかろうじて生きているので、水はちゃんと取れる。トイレも今朝は大丈夫。
去年みたいにトイレが10日近く不通なんてことにならないようにしなくては。
とりあえず、使っていなかったセラミックヒーターをトイレ内に移動、氷点下10度以下になりそうな夜はタイマー起動で未明の1時間ぐらい運転しなければ。

電気の検針が来た。原油高の影響で料金が上がったのもあるけれど、凍結防止帯がちゃんと動く時期に入った12月10日過ぎからの1ヶ月間、先月の倍の電気料金になってしまった。節電装置をつけてもそうなってしまうほど。
今年は去年に比べたら雪は少ないし、日中の気温が上がるのはいいけれど、夜の冷え込みは平年並みなのだろう。
これから1ヶ月、一番寒い時期をどう過ごしていくか。ほんと、水を抜いて出稼ぎに行ってしまうのがいいのかもしれないな。来年からの課題にしよう。

DSCN0484_200.jpg
さて、「凍結玄米」のお味はいかほどだろう・・・ 氷が溶け次第早速炊いてみよう。
【2009/01/16 08:27】 | ひとこと日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
えーん・・・その後(お騒がせしました)
デジカメ故障、昨夜は一縷の望みを持って、バッテリーを抜いた状態で一晩放置。こうすることによって内蔵メモリーがクリアされ、内部回路が初期状態に戻る可能性が高いため、もしかしたらそれで動くようになるかもしれないということで。

で、明けて今朝。真っ先にデジカメの電源を入れると、初期設定画面が表示されてきたので、日付と時刻を合わせて撮影モードにしてみる。
すると、なんと、ちゃんと液晶画面が映るではないか! レンズのズームもうまくいくし、窓から見えるいつもと同じ風景を撮ってみるとちゃんと記録される。

やった!とりあえず使える状態に戻ったかも。当面は無駄な出費なしで済んで助かった!

最近の家電製品やOA機器類の特徴としては、やはりメモリーをクリアすることで故障から立ち直る可能性があるとは知っていたのだけど、まさかこんな風にいつも肌身離さず持ち歩いているものでその効果が実証されるとは。。。

いやはや、お粗末なことでございました。ちゃんちゃん。
お騒がせして大変失礼いたしました。ペコリ

でも大事にバックアップ用に取ってあった6年前の古いデジカメ(これもずいぶん酷使したっけ)がもう使い物にならないほどの弱体スペックだということに気づいたので、やはり最新機種の安いのをバックアップ用に買おうと決心できた。
正直、ネオ一眼が欲しくなる場面はこれから冬山シーズンを迎えてからだし、間に合わなければ来年の新緑のシーズンでもいい。今狙ってる機種はこれからボーナス商戦を経て間違いなく一気に値段が下がりそうだし、その間に別のメーカーからもっと僕が必要とするスペックに近い新機種が出る可能性も高いわけで、当面は「待てば海路の日和あり」で行こうと思う。その間に稼げばいいんだよ。(只今、冬の間の在宅ワーク募集中。Webデザイン、Webアプリケーション開発、ユーザーサポートなど、IT/Web系の仕事ならなんでもやりまっせ。チラシや名刺、年賀状のデザインなども受け付けます。)
でもメインのカメラが動かなくなる可能性がこれからもある以上、やはり安くてもいいから、1台、今のメイン機と似たスペックのコンパクトデジカメを買っておこう。欲を言えば広角28mmから撮れるモデルで。そうしたら使い分けも楽しくなる。
あるいは防水のモデル。これは昨夜、思い切り夜更かししてまでヤフオクをチェックしてしまった。予算1万5千円。カメラ自体のスペックは落ちるけど、その値段で落札できそうな1代前のモデルもあって迷うところ。これから松本まで出て電器屋さん&カメラ屋さんめぐりをしてから決めてみよう。

ということで、確認用に撮った画像をアップしておこう。
標高700m弱の我が家の周りでも、既に早い木はこれくらい紅葉している。今日明日と雨で気温がそれほど上がらないので、一気に紅葉が進んで今週末から来週末の3連休にかけてが安曇野の平地でも見ごろを迎えそう。
CIMG2236.jpg


10月31日~11月3日の4日間、安曇野STYLE が今年も開催される。
今年で5年目を迎える、安曇野を舞台に活躍するアーティスト、クリエーター、クラフト作家たちが、その作品をもって安曇野の「風」を伝えていこうというイベント。
僕もクリエーターのはしくれとして、いつの日か主体的に参加したいとは思っているけれど、まだそのコンテンツが用意できていない以上、今年は無理。

でも、もっと違う形で参加することはできる。観客のひとりとして観るだけではなくて、遠くからわざわざ来る人たちや、偶然旅の途中でこのイベントに出会った人たちをサポートする役割なら今の僕でも担うことができる。
もう当日まで1週間しかないけれど、明後日ぐらいにはその内容も広く告知できる状態になると思う。

あと、1週間、作家さんたちも頑張ってラストスパートに取りかかっていらっしゃいます。
現在ひつじ屋で開催中の「働く女のエプロン展」を主催されている十色屋の菊地みゆきさんも、本業のバッグづくりに精を出すぞ、何とか間に合わせるぞ、とおっしゃっていました。それでもお客様の顔を見に自分のお店を閉めてまでも毎日朝と夕方ひつじ屋に顔を出してくれるその姿に、熱心な十色屋ファンがどんどん増えていくのが頷ける気がしました。見習わなければ。


まだ今度の3連休の予定が決まっていない皆さん、
紅葉真っ盛りの安曇野の、自然と共存しながらたくさんの新しい「風」を吹かせている芸術家たちとその作品たちに会いに来ませんか?
僕も皆さんが「風」を感じるお手伝いをしています。お気軽にお越しください。
【2008/10/23 10:40】 | ひとこと日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
泣く空には勝てない・・・
いやぁ、この3日間、いつも空のご機嫌をうかがって生活してたような気がしまんねん。
どんなに見たところで、青空なんぞは見られへんかってんけどなぁ。
とにかく、雨が止んだらすぐに畑に出て、手押しのトラクターで耕すということを続けてきて、まだまだ痛みと戦わねばならぬということを悟りながらとりあえず頑張ってみた。

泣く子とおてんとさまには、やっぱり勝てへんよなぁ。
本気で頑張ってきたイベントなら、本番はせめて晴れて欲しいもの。日常ですらこんな風に思えてしまう、早くやってきた秋の長雨。
【2008/08/30 23:37】 | ひとこと日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
8/22は休載としました
すみません。
怪我は順調に回復しております。
久しぶりに自分のための時間があまり取れなかった一日。あまりの眠さにblogまで回りませんでした。
CIMG0684.jpg
とりあえず、島オクラ(沖縄ことばでは「ネリ」)の花でもご覧ください。
【2008/08/23 08:55】 | ひとこと日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
最低最悪の休日~負傷、そしてケータイ紛失
18日は11日ぶりの休日。あまりにいい天気で朝から空気が澄んでいたのでまた山へ。
・・・とここまではここ数回の休日と同じパターンなのだけど、いつの間にか最悪の休日に。
どこでどう運気が落ちたのかわからないけど、登っている途中でザックのふたが開いていて(ときどきファスナーの具合かそういうことがあるのだ)、中からケータイが落ちてなくなっていた。財布を落とさなかっただけラッキーだったと思おうとするけど、でも動揺は隠し切れない。
そして展望を楽しんだ後下山しようと、不用意に足を石に乗せたら、それがなんと浮石だったということで、見事に踏み抜いて5メートルほど滑落。普段の訓練のおかげでしっかり制動されて止まったけれども、右足首に激痛が走る。プッツンという音もしたので、骨かアキレス腱をやってしまったか・・・と思うけれど、しばらく動かずにいたら立ち上がれたので、なんとかかばいながら、コースタイムの倍の時間をかけて下山した。
下山後、auショップと整形外科へ。ケータイは行方不明ということで、即機種変更。この1年ほど、アドレス帳のバックアップをまったく取っていなかった(取ってもPCがクラッシュしたりでなくなっている)ので、すべてのアドレスを紛失したことに。怪我よりもずっとずっと痛い。これが縁の切れ目になってしまう人もかなりの数出てくるんだろうなぁ。
整形外科ではレントゲンを撮って診るも、骨とアキレス腱はまったく無傷だったけれど、かなりひどい捻挫をしているとのことで即ギプスで固定。1週間ほど固定してみることに。今のところ全治2週間程度の診断で済んでいるのはラッキーだった。しっかり治して秋の山も楽しもう。
あれから二晩、痛みはだいぶ減り、今日からひつじ屋号でふたたび出動だ。

そこで皆さまへお願いです。
今後ともこんな情けない僕とお付き合いしてくださってもいいよという心優しいお方がいらっしゃいましたら、ケータイにメールくださいませ。(電話番号もそこに記入してくださると嬉しいです。)

こんな原始的な方法しか取れませんが、なんとかアドレス帳を復元してみます。

山のレポートは、別途アップします。事故こそやらかしましたが、いい写真撮れましたから。
【2008/08/20 07:19】 | ひとこと日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。