スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
嘘やろ? 頼む、嘘と言ってや。 ~ レッドスターよ、永遠なれ
今日の夕方、突然飛び込んできたニュース。

阪神・赤星、現役引退

え、どういうこと?
ここ数年悩まされていた頚椎ヘルニアを9月12日の試合でのダイビングキャッチを試みた際に悪化させ、以後試合に出ることがなかったので心配はしていたけれど、順調に回復しているという報道があったばかりなのにこんなニュースが出てくるとは・・・

なんだかとてつもなく大きな喪失感が僕に襲いかかって動けなくなる。
嘘やろ? 絶対嘘やろ?
誰か嘘や、冗談やと言ってくれ、頼む、これが終わりやないと、嘘でもいいから言って欲しい・・・

しかし、これは紛れもない事実だった。
あの9月12日の「事故」で、赤星憲広外野手(33)は実は脊髄損傷の重傷を負っていたのだった。
ちょうどクライマックスシリーズ出場をかけての快進撃、そしてひとつも負けられないプレッシャーが選手たちにはかかっていた時期、僕ら一般のファンはもちろん、チームメートにまでその事実は伏せられていたということらしい。

脊髄損傷、知人にも交通事故で脊髄を損傷し、下半身不随になって車椅子生活を余儀なくされている人もいるので、その怖さは何も知らない人よりは僕は少しは知っている。
赤星の場合、トップ・アスリートの強靭な肉体と精神力で確かに順調に回復してきた一方で、「ここまで回復したことを感謝しなきゃ」と本人が記者会見で語ったほど実はひどい状態だったということだ。そして、もう一度同じことをやったならば、そのときは選手生命はおろか、人間としての生命を失いかねない、それほどのひどい傷を負ってしまっていたのだ。

彼はこの事実を前に、1ヶ月悩みに悩みぬいたそうだ。
33歳という脂の一番乗っている時期に引退するということはとてももったいない話ではあるけれども、無理をするよりもまだまだ長い残りの人生を大切に生きていくことを彼は選んだ。
僕らファンにとってはレッドスターのいない甲子園を簡単に想像することはできないけれども、その選択を応援することしかできないというのも事実なのだ。

ああ、寂しくなるね。でもレッド、きみが選んだ道だから、それでいいんだよ。

プロ9年間での生涯打率.295、通算盗塁381個(タイガース史上最多)、盗塁王5回、ゴールデングラブ賞6回受賞という攻守走揃った超一流のプレイヤーだった。そして、毎年盗塁数と同じ数の車椅子を施設などに寄付するという心優しきアスリート。

記録にも記憶にも残る名プレイヤーがまたひとりグラウンドを去った。

レッドスターよ永遠なれ。きみのことは僕が日本のプロ野球を意識している限りは絶対に忘れないよ。
お疲れさま、そして、ありがとう。

この緊急ニュースによって、今日書きたかったことが全部吹っ飛んでしまいました。明日以降改めて書きます。
スポンサーサイト
【2009/12/09 23:03】 | 輝くわが名ぞ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ありがとう!岡田っ
悔しい、本当に悔しいけれど、球児が打たれての負けなら素直に負けと認められる・・・そんな風に今年のタイガースの試合は全部終わった。2008年10月20日。就任から5年、岡田彰布監督の最後の試合がその瞬間に終わった。

1980年、僕は中学1年生だった。
同じ年、岡田彰布はタイガースに入団し、1年目からレギュラーをもぎ取る大活躍ぶりに僕にとってのヒーローになった。

1985年、僕は高校3年生だった。
受験勉強そっちのけで20年ぶりのタイガースの快進撃に夢中になった。忘れもしない巨人戦のバックスクリーン3連発。バース、掛布に続き、その3発目を放ったのが岡田だった。
タイガースはそのまま日本一になった。その翌年、僕は大学受験に失敗する。

そんな生き様が僕の青春とリンクする、だから常に意識してきた、そんな選手だった。

とにかく誰からも愛された選手だった。豪快な長打に華麗な守備(足は速くないけど、決してドン臭くなくてうまかった)、つまり華があるプレースタイルなのに、藤山寛美を思わせる関西のお笑い芸人の風貌で、ものすごく親しみ深い印象。そらそうよ、大阪の下町、玉造商店街で育った生粋の大阪人、誰よりもタイガースを愛して、有力なタイガースの後援者だった父とのつながりで子どもの頃からタイガースの選手との交流があったそうだ。タイガースのプレイヤーとなることが宿命づけられてきて、それを6球団(だったっけ?)競合のドラフト指名の抽選でタイガース入団となる強運の持ち主でもあった。

でも選手としての終わりはあまりに不遇だった。
でっち上げられたスキャンダルに見舞われて一度はタイガースを追われた。
だけれども、移籍先のオリックス・ブルーウェーブで経験を積んで1998年、二軍コーチとしてタイガースに戻ってきた。
そのとき、僕は関東を離れる決心をしていた。

その後、二軍監督、闘将星野のもとでの一軍守備走塁コーチ、そして2004年からタイガース監督。
タイガースが常勝軍団としての力を蓄えていく時期、僕は人生で一番落ち込んだ時期だったけど、タイガースの勝利が僕の生きていく力になってくれた。

世紀のV逸と言われた今シーズンの失速。ダメ虎時代も欠かさず応援してきた僕でも、さすがにこの失速ぶりには業を煮やした。僕がいろんな場面で悩めば悩むほどタイガースが負ける気がして、無理に作り笑顔で乗り切ってきた8月から昨日、10月20日まで。
辛かった。本当に辛かった。作り笑顔をすることも辛かったし、本当の自分との乖離が起こることに大きな違和感や絶望感を覚えながら頑張るしかなかった。

正直、昨日、負けて僕自身楽になる気がした。これでよかったのだと。
願わくば、好敵手ドラゴンズを破り、憎き巨人を倒して日本シリーズへ、そして、再び悲願の日本一へと突き進んで欲しかったけど、なんとなくこれでよかったのだと思ってしまったのはここだけの話。
岡田と心中する人生と違うねんて、そう強がってみたけど、でも彼の野球人生と僕の実人生がここまでリンクしていると、本当に他人とは思えないくらいなのだから。
そう、彼が楽に生きていられるならば、きっと僕ももっともっと肩の力を抜いて生きていけるに違いない。だから、これでよかったのだと思いたくもあったのだ。

でも昨日、クライマックスシリーズ第1ステージでの敗退が決まっても、京セラドームに集まった3万人以上のタイガースファンは誰一人席を立つことなく、「オカダ」コールを続け、予定になかった胴上げを演出したのには涙が止まらなかった。
そりゃあ僕だってもっと強いタイガースであって欲しかったから、悪口はずいぶん言った。でも僕はこのチームを愛してたし、岡田も大好きだった。たぶんみんな同じ思いだったんだろうから、そんな展開に自然になっていったんだろうな。悔し涙の別れじゃ本当に寂しい。だから少しでも花を持たせたい、そんな思いがあふれていた。

そう、監督としてもとても愛された人やってんな。
ありがとう、岡田さん。ホンマにおおきに、ありがとう。

次期監督が真弓さんでほぼ決定のようだけど、1985年V戦士としての結束の固さと、後輩であれ素直に岡田監督をリスペクトしていた彼の真摯さがあればこそ、きっともっと強いタイガースになっていくはずだ。
もちろん、憎まれるほど強いタイガースではなくて、どこかもろくて頼りないところもあって欲しい。そういう危なっかしさがあるからこそ、僕は阪神ファンをやめられないのだ。

そう、それでええんや。
とにもかくにもお疲れ様。充電を終えたら数年後には再びタテジマに袖を通して、きっとグラウンドに帰ってきてくれると信じています。岡田監督、夢をありがとう。

P.S.
WBC日本代表監督に岡田ってのもありかなぁと。一番現役監督に近いフリーな立場の指導者ということでは。星野SDとの確執も前々から噂されていたけれど、ここは男星野には自信をもって岡田監督を推薦してもらえないかなぁとひそかに思っている僕なのだ。
【2008/10/21 23:31】 | 輝くわが名ぞ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
そーれいけいけ、甲子園(7/11関西日記その2)
昨年はナゴヤドームにしか観戦に行けなかったわが阪神タイガースの試合。数年前には沖縄・宜野座キャンプまで追っかけたのになぁ。信州からはなかなか観戦に行けないというのもわかっていたけど、今は地上波では巨人戦でもほとんどテレビ中継がなくなってしまったため、今年のタイガースの快進撃をリアルタイムに見る機会がものすごく少ないのが欲求不満。でも見なくてもきっと勝ってくれるだろう、負けても嫌な負け方はしないという安心感もあって、試合のある夜も安心してほかのことに取り組める。事実昨日(20日)も、5点差で負けていた最終回に集中打で1点差まで詰め寄るという非常に惜しい負け方をしている。負け試合でもただ負けないで、次の試合にしっかりつなげていけるのが本当に素晴らしい。このプロ意識、しっかり僕らも見習わなければ。
ダメ虎時代も愛してきた「心配性」なファンとしてはちょっとさびしいことだけど。シーズン前の下馬評を覆してのぶっちぎり独走態勢に、とにかくそーれイケイケ。
でも、やはりうまくタイミングが合えば、年に何回かはライヴで見たいタイガース。それなりに地元が盛り上がるBCリーグ(独立プロリーグ)も楽しいけど、観客数10倍の甲子園の方がはるかに楽しい。

京都から2時間かけて甲子園へ。(途中梅田で食べ物調達してたので、余計に時間がかかった。)
ちょうど阪神電車は夕方のラッシュにさしかかるけど、応援ハッピとグッズを手にしたファンにはみんな視線がやさしい。中には「しっかり応援頼むで~」と声をかけてくれるほろ酔い加減のおっちゃんまで。できることなら僕も関西で育ちたかったなぁと思う瞬間。

CIMG9955.jpg
CIMG9957.jpg

レフト指定席、どんな席に当たるかと思っていたら、ずいぶん下のほう、非常にグラウンドに近いレベルで視線を向けられるいい席だった。レフトスタンドはビジターチーム(今日はカープ)の応援団と混在することもあり、応援の強要がない分、しっかり試合も見たいという僕らにはぴったりなのだ。でも、みんなタイガースを愛してるから、自然にライトスタンドの応援マーチに合わせてメガホンを叩き声を張り上げる。わっしょいわっしょい。
そして、何よりもこの席からの視線が懐かしかったのは、草野球とはいえ外野手をやってた僕には左中間の大飛球を追い、つかみ、バックホームという外野手の醍醐味とも言うべきプレーのときの視線そのものだったのだ。ただし基礎体力の高くない僕は、返球はまずホームまで一直線には届かない。ショートとの連携がとても大事な、新庄や赤星の3分の1ぐらいの能力しかないド下手なセンター。トホホ。

さて試合の方は、立ち上がりはあまりパッとしなかった阪神・ボーグルソンと広島・前田健との息詰まる投手戦に。7回からは渡辺、久保田とつなぐ必勝リレーで、わずか1点のビハインドを跳ね返そうと総力を尽くす好ゲーム。少ないチャンスに集中して応援すると、8回裏、金本の二塁打を足がかりにつかんだ1アウト1,3塁で代打高橋光信がきっちりセンターへ犠牲フライ。そして同点の9回に球児を投入したときには絶対に今日のゲームは落とさないというベンチの強い意志を5万人のスタンドが受け止め、そしてみんなの声が大きくなる。
延長11回裏、22時を過ぎて鳴り物なしの応援の時間に突入して、静かながら熱い「わっしょいわっしょい」でスタンドが盛り上がる中、関本が僕らの目の前のレフト前にサヨナラヒット!ラッパの音はないけれど、それでも甲子園は最高の興奮に包まれる。
CIMG9964.jpg

ああ、ええ試合やったなぁ。甲子園で僕が観戦したときは今までずっと負け続きだったので、それが長い試合の末に連敗ストップを迎えられて、静かな興奮を保ったまま、ハッピをそのまま着て日付が変わる頃京都へ帰った。
お付き合いくださったむらさん、ありがとうございました。楽しい思い出ができました。
今度は10月の「消化試合」でも観にいきますか。クライマックスシリーズ、そして日本シリーズは甲子園の改修工事のためにスカイマーク・スタジアムと京セラドームで行われる予定なので、甲子園で観るにはこれが今年のラストチャンス。
【2008/07/21 07:04】 | 輝くわが名ぞ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
マジック55点灯!
われらがタイガース、破竹の勢いの7連勝。今日は最後に球児が打たれたけど、それでも負けなかったことは大きい。若きエース、岩田に1ヶ月ぶりの勝利がついたのも、彼にとって大きな自信になるだろう。
さらには球団新記録となる、9試合連続の2桁安打。東の方のムチャクチャやりよる球団に比べたらはるかに小粒な打線だとシーズン前は思われていたけれど、本当によくつながる。その東の故障者続出球団も、徐々に戦力が戻ってきつつあるけど、数字上ももうレギュラーシーズンで追いつくことはないところまできたのだ。
すなわち、ついにクライマックスシリーズ進出マジック55が点灯。クライマックスシリーズという非常にわかりにくい制度ができてなんだか盛り上がりに欠けてしまうけど、早ければ11日にもリーグ優勝マジックが点灯するとか。(素直に1位のチームが優勝ではいけないの? 僕はプレーオフ反対派です。交流戦は大賛成だけど。)
11日は久しぶりに甲子園へ観戦に行くので、明日も明後日も讀賣に勝って、わくわく感でいっぱいの中の観戦となれば最高だな。

【2008/07/09 01:05】 | 輝くわが名ぞ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
祝!兄弟同時メモリアル
普段テレビをほとんど見ない僕が、ここ1週間ほどは夜のニュースのスポーツコーナーを欠かさず見ていた。まだかまだかとこの日を楽しみにしていたからだ。
そしてようやく今日、その喜びの瞬間を見ることができた。

金本選手、2000本安打おめでとう!

産みの苦しみ。さすがの鉄人も大きなプレッシャーがあったのか、1999本目のヒットが出てから18打席も待っての達成は、今まで2000本安打を記録した偉大な先輩たちを超えて一番の長さ。
強靭な肉体と並外れた精神力で、昨オフの左ひざの手術から驚異的な回復を見せ、2000本安打カウントダウンの直前までは打率4割台を誇っていたのだけど、2000本安打を打つときには2割7分台にまで急降下。さすがの鉄人アニキも人の子だったと妙に安心するも、難産の末産まれた大記録に心の底から拍手を送ろう。
目標をしっかり持って、それに向けて鍛えることで達成したこの記録は、同年代の僕にも大きな勇気を与えてくれる。ありがとう、アニキ。そして、次は間もなく400本塁打の達成が待っているけど、これらの記録はあくまでも通過点。彼の挑戦はまだまだ続くし、それがわれらがタイガースをもっともっと力づけていくのだ。

この難産のおかげで、新井選手の1000本安打と同じ試合で達成というおまけもついてきた。
広島から涙の決意でアニキと慕う金本選手を追いかけてFA移籍してきた彼の活躍も本当に心強い。
彼もまた素質の高さに驕らず努力を重ねてきた素晴らしいアスリートだ。記録達成のペースは金本選手よりも速いから、もっともっと上を目指せる。

われらが虎の兄弟。単なる先輩後輩の枠を超えて、お互いをしっかりリスペクトして頑張る姿には本当に僕らも頑張らなくてはといい励みになる。
グラウンド外ではアニキが弟分をいじくる場面がよく出てくるけれど、こんな信頼関係を持ったふたりがいる限り、このチームはもっともっと伸びていくはずだ。
ふたりに追いつき追い越すという目標を若手も持つことで、新しい血も混じっていく。

かつて「ダメ虎」と呼ばれ、年中「お家騒動」が起きていた組織とは思えない進化。どこか負け犬意識というか、被害者妄想のようなものを持ってきた「ダメ虎」時代も一貫して応援してきた僕らには、新しい血が入ることでいかに組織が活性化するかということを示してくれるいいお手本だ。

この安曇野の地が、全国的に移住先として注目を浴びているのも、たくさんの移住者が新しい風を吹き込んでいることに帰結するような気がずっとしているし、僕もその一翼に絡めるポジションにいるわけだから、古くからの住民の方たちと力を合わせてより可能性のある地域に作り上げていけたらこんな素晴らしいことはない。

ありがとう、カネ、アライさん。
【2008/04/12 23:59】 | 輝くわが名ぞ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
やったで!開幕3連勝。
いよいよセ・リーグも開幕。
今年はFAでJAPANの4番・新井貴浩が加入しただけと言われながらも、実は目立たぬところでいい補強をしたと思うわがタイガース。今日5打点と大爆発したアライさんはもちろんだけど、一番のいい補強は平野恵一の獲得だと思う。キャンプ中の故障で一時はどうなるかと思ったけど、しっかり開幕に間に合って、金にものを言わせる東のムチャクチャな球団にひと泡もふた泡も吹かせる美しきスピード・ベースボールの要になってくれていると、この開幕3連戦で感じた。俊足巧打でセカンドと外野がこなせるということでは草野球プレイヤー(引退済みですが・・・)としての僕と同じポジションなので、バッファローズ時代から気になるプレイヤーだったわけで、平野の加入で走る野球の意識が強くなったのは本当に面白い。
今日は赤星・平野のダブルスチールが見られたし、手術から間もないアニキ金本も新井も全力疾走で引っ張っていく。これで潜在能力がありながらも去年まではほとんど走らなかった鳥谷や関本や桜井も走らないわけにはいかない。さらにいつも全力プレーのルー・フォードがいつ爆発するか、それが楽しみでならない。

どっかのムチャクチャな球団に勝つには、やはり機動力と投手力の野球に限る。その点では一番優れているのはやっぱりドラゴンズ。荒木・井端・森野、この3人がいるだけで相手には大きな脅威となるのは間違いない。(もちろんドアラも。笑)
ましてやそのムチャクチャな球団は誰もが格下と思っていたスワローズにまさかの3連敗。あのチームも高田監督に代わってからスモール・ベースボールの面白さを魅せつけてくれる。僕の可愛い後輩の加藤幹典がいつ投げるかも楽しみだし。

投手力という点では、開幕投手の安藤優也はピリっとしないながらもしっかり責任イニングをこなしたし、今日の福原忍の完封勝利もあっぱれ、さらにはJFK健在をしっかり見せつけてくれたけど、何よりも嬉しいのは昨日の岩田稔のプロ入り初勝利。未完の大器と言われながら、去年まで未勝利だったピッチャーとは思えない堂々たるマウンドさばきで6回1失点は本当に立派。糖尿病を患って1日4回のインシュリン注射が欠かせないというハンデを負いながらも、その並外れた精神力と体力で勝利をもぎとった姿は、病気やさまざまなハンデと闘う人たちに大きな勇気を与えてくれる価値ある1勝だった。

開幕前の予想では、読売・中日の2強にやや劣るながらも我が阪神、残りの3球団はちょっと戦力差があるとの大方の予想だけど、ヤクルトも広島も結構手強い相手だし、横浜もそんなに弱いチームじゃない。
金の力にものを言わせるやり方が正しくないことをぜひ証明して欲しい、そう思う球春。(ドアラだって「かくさしゃかいにまけないよ」と言ってるのだ!)
甲子園では長野日大高校の快進撃がいつまで続くか、それも楽しみな春。願わくば紫紺の優勝旗を信州に持ち帰ってきて欲しいものだけど、そうはなかなかいかないだろうな。

さて、明日で3月も終わり。我が家の杏の木もつぼみが日に日にふくらんできている。
明日、明後日と朝は雪混じりの天気になるようだけど、この寒い有明山麓にも確実に春がやってきているのだ。
【2008/03/30 22:23】 | 輝くわが名ぞ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。